【奈良・東大寺】戒壇院・正倉院・入江泰吉

公開日 : 2024年07月03日
最終更新 :

奈良を訪問する機会があり、大好きな戒壇院とその付近を散策してきました。
近くの正倉院も外から鑑賞することができました。
戒壇院を知る機会になった写真家入江泰吉さんの旧宅が近くに公開されているのを知り、さっそく訪問してきました

戒壇院・戒壇堂

戒壇院への参道
戒壇院への参道

戒壇院は、鑑真和上が日本で初めて仏教の戒律を伝えた戒壇を移設してつくられました。
旅行者でごった返す大仏殿のすぐ脇にありますが、ほとんど訪問者もなく、静寂のなかで過ごすことができます。

戒壇堂
戒壇堂

中には天平時代の傑作といわれる四天王の塑像が安置されていて、時間を気にせず鑑賞するすることができます。大好きな広目天の前で時間を過ごしてきました。

  • 戒壇院門

    戒壇院門

  • 戒壇院の周りの結界を示す石碑

    戒壇院の周りの結界を示す石碑

  • 大仏殿の西に広がる戒壇院

    大仏殿の西に広がる戒壇院

正倉院

正倉院
正倉院

戒壇院の北には、古の宝物の宝庫、正倉院を見ることができます。
宝物は今は奥に見える空調付きの宝物庫に移されていますが、その端正な姿を今も見せてくれます。
宮内庁の管理で無料です。

  • 中央の扉部分

    中央の扉部分

  • 正倉院創建時代の瓦(奈良時代)

    正倉院創建時代の瓦(奈良時代)

  • 少し外から

    少し外から

入江泰吉旧居

入江泰吉旧居
入江泰吉旧居

戒壇院を鑑賞して奈良市内に戻る途中、偶然にも大好きな仏像の写真家、入江泰吉さんの旧居が公開されていることを知り、さっそく中をみせていただきました。戒壇院から目と鼻の先です。
背景を真っ黒にした四天王の写真が私を戒壇院を知らせてくれました。今でも大好きな写真です。
入江泰吉は戦後こちらにすみ、写真撮影と現像を行っていたそうです。志賀直哉などとも交流があったそうです。
中は当時の様子がそのまま保存され、入江さんをしのぶことができました。
今回は訪問できませんでしたが、次回はぜひ入江さんが全作品を寄贈した奈良市写真美術館を訪問したいです。

  • 入江邸まえから戒壇院を望む

    入江邸まえから戒壇院を望む

  • 付近の町の紹介

    付近の町の紹介

戒壇院への行き方

有名な東大寺大仏殿のすぐ西にあります。直接行くときは奈良公園バスターミナルから、北に700m、10分です。

筆者

特派員

テッド@サンフランシスコ

2000年よりサンフランシスコ近郊で生活。定年後はサンフランシスコを起点に日本からの訪問者のご案内をしています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。