【京都】心ほっこり「法然院」

公開日 : 2024年07月07日
最終更新 :
筆者 : Akio

左京区鹿ヶ谷にある法然院へと行きました。
法然院へは鹿ケ谷から哲学の道に架かる橋を渡り、山に向かって進みます。

坂道を登り、突き当りの道を左に曲がれば法然院へと続きます。

総門の石段を上がり境内へと進んで行きます。

連日37℃の京都市内ですが、参道に広がる緑の世界に
暑さも忘れてしまいます。

法然院は散策自由で、6時から16時まで拝観できます。(無料)

茅葺き屋根の山門が見えて来ました。
法然院は天和元年(1681年)の建立。
800年以上の歴史をもつ法然上人ゆかりのお寺です。

白砂壇(びゃくさだん)

山門をくぐると参道の左右に見えるのが、盛砂の白砂壇です。
砂壇の間を通ると、心身を清めて浄域に入ることを意味しています。

縦7m横3mの砂紋模様は、水紋 波 渦 葉 花……
時には文字などの模様も組み合わされ僧により描き換えられています。
この日の模様は円。

円なのでしょうか。渦なのでしょうか。
砂に描かれたアートの世界に想像が膨らみます。

手水鉢に活けられた花も涼やかです。

東山・岡崎エリアにひっそりとたたずむ「法然院」。

今の京都の各観光地は外国人観光客で混雑していますが、
ここ法然院は深い緑のなか、静かな時間が流れています。

法然院

住所
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
時間
6:00~16:00 散策自由
アクセス
市バス「錦林車庫前」下車、徒歩10分

筆者

京都特派員

Akio

京都は平安京の頃から、今に至るまで様々な歴史が残っている町。歴史と季節を訪ねながら京都特派員ブログを、綴って行ければと思います。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。