サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院

Real Monasterio de Santa Maria de Guadalupe

新大陸のキリスト教化のシンボル

「スペインのヴァチカン」とも呼ばれる、聖母マリア信仰の中心地。14世紀初め、ひとりの羊飼いがグアダルーペ川のほとりで聖母マリアのお告げを受けその場所を掘ってみると、聖ルカが彫ったとされる木彫りの聖母像が見つかった。1340年、聖母像に加護を祈願した直後にサラードの戦いでイスラム軍を撃破したアルフォンソ11世は、聖母マリアに感謝し修道院の建設を開始した。 その後修道院は聖母マリア崇拝の中心地となり、コロンブスがカリブ海の島をグアダルーペの聖母に奉納してからは新大陸のキリスト教化の象徴とし、先住民たちを連れてきて最初のキリスト教徒に改宗させた。毎年10月12日の「イスパニアの日」には、聖母像をいただいた行列が町を練り歩く。 修道院見学は、参事会室Sala Capitularから始まる。ここでは修道士たちが制作した写本が見もの。参事会室の奥には14〜15世紀に造られたムデハル式回廊Claustro Mudéjarがあり、中庭にムデハル・ゴシック様式の聖堂が建つ。また回廊の周りにあるふたつの展示室では、見事な刺繍を施したマントや祭壇飾り、エル・グレコやゴヤの絵画、ミケランジェロの作とされる彫刻などを観ることができる。聖母像が祀られている教会Iglesiaを抜けると、バロック様式の装飾が美しい聖具室Sacristíaに出る。壁一面を覆う、ヒエロニムス会修道士たちの姿や聖ヒエロニムスの生涯を描いた一連の絵画は、スルバランによるものだ。さらに聖母像のマントや冠を展示する聖遺物室Relicarioに続いて、カマリンCamarínと呼ばれる小聖堂へ。豪華な装飾が施されたこの部屋は、玉座の控えの間に当たり、聖母像を間近に拝することができる。巡礼者たちはここで、聖母像のマントに付いた円形の浮き彫りに接吻をささげる。

写真

  • ムデハル式回廊

    ムデハル式回廊

基本情報

電話番号
927 367 000
開館時間
毎日     9:30〜13:00
15:30〜18:00
料金
€5
見学はガイド付きで所要約1時間。教会のミサは入場無料。
月〜金12:00、20:00。土・日・祝11:00、12:00、13:00、20:00。
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。