シャンティイ城(コンデ美術館)

Château de Chantilly

国鉄駅前から城までは、シャンティイ市内を走る無料バスで約10分(Chantilly, église Notre-Dameで下車)。のんびり歩いていく場合は、駅前から競馬場の東側の道Av. du Maréchal Joffre、Bd. de la Libération Maurice Schumannとたどっていく。この城で一番の見どころは、19世紀に最後の城主となったオーマール公の絵画コレクション。現在はコンデ美術館Musée Condéとして公開されている。グラン・シャトーGrand Château内の絵画ギャラリーでは、壁が見えないほどにぎっしりと絵を並べる19世紀の絵画展示法が今も守られている。所蔵作品は、イタリア・ルネッサンス絵画と15〜19世紀のフランス絵画が中心。ピエロ・ディ・コジモの『美しきシモネッタPortrait de femme dit de Simonetta Vespucci』、20cm四方に満たない画面の中にラファエロの小宇宙が広がる『三美神Les trois Grâces』、プッサンの『幼児虐殺Le Massacre des Innocents』など、あっと驚くような傑作揃いだ。プティ・シャトーPetit Château内にある図書室には、ランブール兄弟の有名な彩色写本『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』が保存されている(展示されているのは複製)。城の周りには、ヴェルサイユ宮殿の庭園を手がけたル・ノートルの庭園が広がっている。また、庭園北東部には、貴族たちが田園生活のまねごとをした村里アモーHameauもあり、のんびり散策するのが楽しい所。この村里はヴェルサイユのマリー・アントワネットの離宮にある王妃の村里のモデルになった。

基本情報

開館時間
3/28〜11/1 10:00〜18:00(庭園は〜20:00) 11/2〜3/27 10:30〜17:00(庭園は〜18:00)
休館日
11/2〜3/27の㊋、1月休館の可能性あり
料金
€17(馬の博物館との共通券。日本語オーディオガイド、庭園含む)庭園のみ€8
パス
ミュージアム・パス使用可
ウェブサイトのアドレス
www.domainedechantilly.com
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。