ワット・ラーチャブーラナ(アユタヤー)

Wat Ratchaburana

地下から見事な宝物が発見された

1424年、8代王ボロムラーチャー2世(チャオ・サーム・プラヤー、在位1424〜1448)が、王位継承争いで倒れたふたりの兄を火葬した場所に建てたもの。初めはクメール様式に似たふたつのチェーディーだけだったが、後に大きなプラーン(クメール式仏塔)と礼拝堂を増築し、寺院の体裁を整えた。

1958年の修復の際に、ボロムラーチャー2世がふたりの兄のために納めた宝物箱が発見され、それらはチャオ・サーム・プラヤー国立博物館に展示されている。大きなプラーンは途中まで上ることができる。内部には小さな空間があり、アユタヤー時代の壁画がわずかだが残っている。

写真

  • 各種様式の塔が並び立つ

    各種様式の塔が並び立つ

基本情報

開館時間
毎日8:00〜18:00
料金
50B(外国人料金)
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。