チャンタラカセーム宮殿(国立博物館)

Chantarakasem Palace (National Museum)

ラーマ4世の遺品や古美術品が集められている

1577年に創建され、以後歴代皇太子の公邸となったのがこのチャンタラカセーム宮殿。侵攻してきたビルマ軍に焼かれてしまったが、ラーマ4世が一部を再建し、ラーマ5世がバーン・パイン離宮を再建するまで王の別荘としても使われた。1896年3月からしばらくの間は、アユタヤー市役所としても使用されていた。

現在の博物館はプラヤー・ボーラーンラーチャタニンという官吏が収集した品を、宮殿内の馬小屋に展示したのが始まり。後に展示品をチャトゥラムク宮殿Chaturamuk Pavilionに移し、1936年2月に現在の博物館となった。展示は3つの建物に分かれ、ラーマ4世の私物、ブロンズ製の仏像、木製の衣装ケースなどが展示されている。

基本情報

電話番号
0-3525-1586
開館時間
水〜日9:00〜16:00
休館日
月・火・祝
料金
100B(外国人料金。館内撮影不可)。建物は2018年10月現在一部改修工事中のため、入場無料。
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。