ワット・ウモーン

Wat Umong

森の中にひっそりと建つ

緑深い山の中に本堂を構える、瞑想修行を中心とした宗派の寺院。町の喧騒から離れた静かな環境で瞑想ができるようにと、メンラーイ王が14世紀末に建てた。山の中にトンネル(ウモーン)を掘ってその中に仏像を安置しており、そこまでは森閑とした林を抜けていく。トンネル内部には、夏でもひんやりとした空気が漂っている。

基本情報

行き方
旧市街を西へ出てステープ通りを進み、チョンプラタン運河を越えてすぐ左折し、小道を2kmほど入る。トゥクトゥクかサームローを利用すると便利。
開館時間
毎日7:00〜18:00
料金
無料
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。