ワット・プラ・タート・ハリプーンチャイ

Wat Phra That Hariphunchai

ラーンナー・タイ国の王が建てた寺院

メンラーイ王が1108年に創建した寺院。黄金のチェーディーは1418年建立。20m四方の基壇に建つチェーディーは高さ46m。巨大な青銅のドラがつるされた、赤茶色の木造御堂も美しい。寺の向かいには、仏教美術を中心に展示した小さなハリプーンチャイ博物館(開館時間 水〜日9:00〜16:00 休館日 月・火 料金 100B)がある。ハリプーンチャイ様式の仏像や陶器が並べられているほか、建物の裏側にモーン語、パーリ語、ラーンナー・タイ語、タイ語の4言語が彫られた石の碑文が展示されている。

基本情報

最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。