龍田村

ロンティエンツン

日本の移民村

台鐵鹿野駅近くにある龍田村は、戦前おもに長野県や新潟県出身の日本人によって開拓されたかつての移民村。鹿野區役場、日本小学校の校長宿舎、台湾初の託児所など日本統治時代の遺構が一部残存している。2015年には崑慈堂の敷地内に鹿野神社も再建された。龍田村は小さな村で、道は碁盤の目状に走っている。この地の特産である紅烏龍茶、アッサムティーの畑の間に整備されたサイクリングロードをぐるりと一周するには所要約20分。民宿に宿泊して、自然のなかで1日を過ごすのもおすすめ。

写真

基本情報

住所
台東縣鹿野鄉龍田村
交通アクセス
台東轉運站バスターミナルより鼎東客運(山線)8161「富里」、8167「關山」、8163「池上」行きバス、台湾好行バス縱谷鹿野線で「崑慈堂」下車、所要約1時間、84元~
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。