スートーンペー橋

Sutongpe Bridge

水田の上を渡る竹製の橋

メーホーンソーン市街から約8km北、バーン・クン・マイ・サック村から川を渡った対岸の丘にある寺院へ行くために、村の人々が協力して水田の上に橋を架けた。歩道部分には裂いた竹が敷かれており、全長約500mは竹製としてはタイ最長とされる。緑なす水田と、その上に緩やかな曲線を描きながら延びる橋のたたずまいが美しいと、SNSに投稿された画像によりタイ人の間で知名度がアップ、人気の観光地となっている。橋の名称はタイ・ヤイ(シャン族)の言葉で、「成功を祈る」「成功」という意味。

写真

基本情報

開場時間
24時間
料金
無料
行き方
プークローンの少しメーホーンソーン寄りにある。公共交通はないのでツアーが便利。レンタバイクならメーホーンソーンから15〜25分。
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。