カナーボン

Carnarvon

シャークベイの北約100km の所に位置する町がカナーボン。南回帰線の少し南、ガスコイン川Gascoyne River 河口に開けたこの町は、トロピカルな雰囲気で、周辺の農場ではバナナやマンゴーの栽培が盛んだ。人口は約7000 人を数える。 町のシンボルはビッグディッシュBig Dish という通称で知られる巨大なパラボラアンテナ(直径29.5m)、OTC ステーションOTC Station だ。人工衛星からの電波受信用として1966 年にオーストラリアで最初に据えられたパラボラで、アメリカのアポロ計画時にはロケットの追跡を行っていた(アポロ11 号の月面着陸時の交信・TV 映像受信はNSW のパークスParks にある大パラボラに譲っている)。また1986 年には世界中の天文ファンを沸かせたハレー彗星の追跡にも使われた。現在はアポロ計画をはじめ宇宙に関する展示を行うカナーボン宇宙&科学博物館Carnarvon Space &Technology Museum の様子を伝える博物館となっている。ほかにもインド洋に向かって1500m も突き出た桟橋1 マイルジェッティ1 Mile Jetty などがある。 またカナーボンの東約450km の所には、エアーズロック(ウルル)の2 倍の大きさをもつと推定される世界最大の一枚岩マウントオーガスタスMt. Augustus がある。マウントオーガスタスへは、陸路はオフロードなためツアーで観光するのが一般的だ。

基本情報

アクセス
パースから週3 便インテグリティ・コーチラインのバスの便がある。パースから約12時間かかる。またリージョナルエクスプレスがカナーボン空港(CVQ) へパースから毎日フライトを運航している。
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。