ロレーヌ博物館

Musée Lorrain

もとはロレーヌ公の宮殿だったもので、現在はこの地方の歴史博物館。先史時代の武器から中世、ルネッサンス期の宗教芸術など、さまざまな時代の文化や生活様式が展示されている。絵画では、ロレーヌ生まれの画家、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールやジャック・カロの作品も観ることができる。

基本情報

住所
66, Grande Rue
2023年5月現在、工事のため休館中。
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。