ブルタ―ニュ

Bretagne

フランスの最西端、北はイギリス海峡、南は大西洋に面し、ワニの頭部さながらに海に突き出しているのがブルターニュ地方だ。雨の多い海洋性気候、独特の歴史と文化が、この地方をフランスの中でも個性の強い地域としている。人々の生活は素朴だ。乱石積みや木骨組みに漆喰造りの積み木のように単純な家並みの続く町は、まるで16世紀にタイムスリップしたような印象を与える。ブルターニュはどこか神秘的だ。それは、世界中が新時代に向けて発展するなか、ケルトまで遡る長い歴史上で彼らが築き上げた文化を、今もかたくなに守り続けているように思えるからだ。そして、多くの神話が言い伝えられているのも、どこか謎めいている。

ブルターニュの観光のヒント

[気候]
メキシコ湾からの暖流のおかげで緯度のわりには温暖。フランスで最も雨が多い地方といわれるが、年間日照時間は平均的で長降りしない。

[特色]海岸は砂浜と断崖が交互に続き、外洋に面した所は波が荒い。潮位差の大きいことでも知られ、サン・マロにはこれを利用した世界でも珍しい潮力発電所がある。

[周遊のヒント]レンヌ、ヴァンヌ、カンペールなどにTGVで入り、これらの町を起点にバスや列車で移動するといい。城壁の町サン・マロからヴァンヌへ、そしてカルナックに巨石群を訪ねる、ケルト文化、先史時代へのロマンあふれるコースもおすすめ。

ブルターニュのおもな祭りとイベント

7月
パルドン祭(ロクロナン/通常第2日曜):日常の罪の許しを願う宗教祭。教会でのミサのあと、旗や聖像を掲げた人々がブルトン語の聖歌を歌いながら行進する

コルヌアイユ・フェスティバル(カンペール/19〜23日'23):ブルターニュの伝統音楽や踊りのフェスティバル

8月
ケルト民族フェスティバル(ロリアン/4〜13日'23):ケルトの伝統音楽、踊りなどを中心とする国際的なフェスティバル

ブルターニュの名産品と料理

カキをはじめ新鮮な魚介類を使った料理がおすすめ。今やフランス中で食べられるソバ粉のクレープはもともとこの地方の郷土料理。名産の有塩バターをたっぷり使ったお菓子もおいしい。

写真

基本情報

最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。