ヴァンヌ

Vannes

静かに時が流れるブルターニュの古都

ブルターニュ行きの列車では、グレーの屋根に木骨組みや石造りの素朴な古い民家が目に飛び込んでくる。ヴァンヌは、そんな民家と大聖堂が城壁の向こうに寄り添う静かな町。夏はモルビアン湾のクルーズや旧市街巡りの観光客でにぎわう。歴史をひもとけば、古代にはガリアの中心都市として、9世紀にはアルモリカ(ブルターニュの旧名)の首都として栄えた町でもある。カルナックなどに残る先史時代の巨石群を訪ねる起点でもあり、秘境ブルターニュを知るうえで通り過ごせない町だ。

ヴァンヌの歩き方

駅から町までは徒歩で約10分。見どころはサン・ピエール大聖堂 Cathédrale St-Pierre周辺の旧市街に集まっている。花崗岩でできたこの大聖堂は一見ゴシック風だが、内陸部のものとはちょっぴり違った雰囲気だ。形の違うふたつの塔があるが、正面から見て左のものは、創建当時の13世紀から残っているもの。
旧市街の周りには城壁が残っており、外堀沿いは整然と手入れされた庭園になっている。花の季節には、城壁につながる跳ね橋の上から、美しい花々が見られる。
15世紀のガイヤール城 Château Gaillardの中にある歴史・考古学博物館 Musée d'Histoire et d'Archéologieも訪れてみよう。近郊のカルナックをはじめとする巨石群を訪ねる前の予習に最適だ。
ガイヤール城の向かいにある建物「ヴァンヌの家」の隅にはユニークな男女の胸像がくっついているが、これは『ヴァンヌとその妻 Vannes et sa Femme』と名づけられ、ヴァンヌ市民に愛されている。ほかに、町を流れるマルル川沿いには、19世紀の屋根付き洗濯場が今も残っている。

ヴァンヌへのアクセス

列車でのアクセス
パリ・モンパルナス駅からTGVで約2時間30分。レンヌからTERで約1時間15分。

歴史・考古学博物館

住所
2, rue Noé
2023年5月現在工事のため休館中。

写真

基本情報(ヴァンヌの観光案内所)

住所
Quai Tabarly
電話番号
02.97.47.24.34
開館時間
7・8月 ㊊〜㊏9:30〜19:00 ㊐10:00〜18:00
9〜6月㊊〜㊏9:30〜12:30 13:30〜18:00(6月中旬〜下旬、9月上旬〜下旬はノンストップ)
休館日
9〜6月の㊐、1/1、12/25
最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。