シガラジャ

Singaraja

コロニアル調の静かな町並みが残る、バリ王都として栄えた歴史ある港町

オランダのバリ植民地政策に重要な役割を果たした港町シガラジャ。1906年にクルンクン王国が戦いに敗れ、バリ全土がオランダの手中に入る57年も前(1849年)にブレレン(シガラジャの旧称)にはすでにオランダ植民地政庁がおかれていた。ここを起点にオランダ軍は各王国と戦い、植民地化していったのだ。
そのためシガラジャは、コロニアルな町づくりや人々の生活などがバリで最も早く西欧化された。オランダ軍の士気にかかわるとのことから、バリの女性に胸を隠すよう布告を出したのもシガラジャが最初だ。植民地時代、そして海上交通がおもな移動手段だった頃、バリ随一の港町として活況を呈していたシガラジャ。今でもブレレン県の県庁所在地として、北部の中心となっている。

シガラジャの歩き方

古都の風情が残る市場周辺

かつての王都シガラジャも、今ではロビナへの通過地点として知られているだけだ。しかし、町のそこかしこには、ブレレンと呼ばれていた当時、外国との接点であったことをしのばせるコロニアルな雰囲気が残っている。
町の中心には市場があり、1日中活気がある。食料品から日用品まで、何でも揃っている巨大マーケットだ。この市場を中心に町を把握するのがわかりやすい。市場の北側、ジャラン・ディポネゴロJl. Diponegoroとジャラン・イマンボンジョールJl. Iman Bonjolに挟まれた一画は、ゴチャゴチャした下町の雰囲気。オランダ統治時代の建物が多く、華人の往来が多かったこともあって中国寺院もある。また、市場斜め向かい、タマン・リラ広場Taman Lilaには小さな食堂が並び、空腹を満たすにはいちばんの場所だ。なおこの広場では雨季になるとドリアンが売られる。

シガラジャの近郊の見どころ

シガラジャからアンラプラへ向かうルートは、左側に美しい海、右側に緑深い山並みを眺めながらの移動となる。点在する村も訪ねてみたい。

シガラジャへのアクセス

空港からエアポートタクシーで3時間30分(定額運賃はRp.120万)。クタ、ウブド、チャンディダサなどから、ロビナ行きのシャトルバスも利用できる。

写真

基本情報

最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。