ロビナ

Lovina

素朴な光景に包まれて滞在する、ダイバーに人気のビーチエリア

シガラジャの西およそ8km、黒砂のビーチ沿いにホテルやバンガローが建ち並ぶ姿が見えてくれば、そこはもうロビナだ。
ブレレン最後の王がキリスト教改宗を記念し、カリアスムの小道に「人の心の中(in)にある愛(love)」という意味を込めて“Lovina”と名づけたことに由来する。そして、1960年代には王族の末裔が、この小道にタシッ・マドゥ・ホテルTasik Madu Hotel(蜜の海のホテルという意味)を建て、ロビナ開発の糸口となった。昼は黒砂のビーチにせり出したヤシの木陰で静かな波の音に耳を傾け、夜は満天の星空の下、旅人同士の語らいをもつ。昔ながらのビーチの過ごし方が似合う所だ。

ロビナの歩き方

中心部はカリブッブッ

「ロビナ・ビーチ」と呼ばれるエリアは5つの村で構成されている。東から海岸沿いに、トゥカッ・ムンガTukad Mungga、アントゥランAnturan、カリブッブッ Kalibukbuk、カリアスムKaliasem、トゥムクスTemukusとなっており、東西およそ8kmも続いているこれらの村を結ぶように、メインロードのジャラン・スリリッ Jl. Seriritが通っている。ただ路傍の表示がなければ、どこがどの村なのか区別はつきにくい。ロビナの中心はカリブッブッ周辺で、手頃な値段のホテルやレストランが集まっている。

ロビナのアクティビティ

マリンアクティビティ

ダイブショップがジャラン・スリリッ沿いに何軒かある。ほとんどのショップではムンジャガン島やアメッド、トゥランベンへのダイブトリップを毎日行っている。また、ロビナ沖合でのスノーケリングツアーもアレンジしてくれる。おすすめのショップはスパイス・ダイブSpice Dive。PADIのダイブセンターに登録してあり、レンタル器材も充実している。

イルカ・ウオッチング・ツアー

早朝、沖合にイルカの群れが遊びにやってきたところを船の上から眺めようというもの。出発は、まだ暗い早朝5:30〜6:00。およそ10〜20分でポイントに到着。背ビレを海面上に出しながらゆっくり泳ぐイルカの群れや、豪快にジャンプしながらものすごいスピードで泳ぐイルカの群れを、およそ1〜2時間にわたって、船で追いかけるのだ。使われる船はエンジン付きジュクンがほとんどで、多い日には何十艘も出る。ただ、最近あまりに船が多いのと、けたたましい音をたてて海面を突っ走るモーターボートが出現したので、イルカが驚いてしまい、見られたと思ってもあっという間に泳ぎ去ってしまうことも多い。

ロビナへのアクセス

空港からエアポートタクシーで3時間30分(定額運賃はRp.120万)。
プラマ社のシャトルバスは、クタ(7:00発)、サヌール(7:30発)、ウブド(8:30発)から毎日各1本(所要3.5~4時間、Rp.25万)。復路はロビナ12:00発。最少催行2名以上なので要事前予約。
シガラジャからはジャラン・ジェンドラ・アーマッ・ヤニを西へ向かうベモに乗って約10分(Rp.2万)。

基本情報

最終更新 :

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。