海外旅行の「地球の歩き方」TOP > What's New一覧 > ガイドブック表紙当てクイズ(4/6号)正解発表♪

メルマガ

2018/05/16

ガイドブック表紙当てクイズ(4/6号)正解発表♪

2018/04/06 出題の「地球の歩き方ガイドブック」表紙当てクイズ、正解の発表です♪
guidebook_m.jpg

ちなみにヒントは
"世界で最も高い超高層ビルをはじめ、摩天楼が広がる中東の一大都市。4WDで砂漠を駆け巡るデザート・サファリ・ツアーも人気です。"

正解は地球の歩き方ガイドブック E01 ドバイとアラビア半島の国々 2018-19でした!

応募者は541名。うち正解者は528名(正解率97.6%)でした。
正解者の中から抽選でみほ様に、QUOカード(500円分)をお送りさせていただきます。

今回もたくさんのコメントを頂きました。その中からいくつかご紹介します。

◆3年前、エミレーツ航空を利用した際に20時間のトランジットがあったので航空会社が提供してくれたサービスで観光しました。また利用したいと思い、実は今夏、再びエミレーツ航空を利用して観光する予定です。(20代 男性)

◆ドバイ は砂漠の中にできた、とても近代的な街だと思いますが、同じく、UAEのキャピタルであるアブダビも、ビジネスタウンですが、世界一大きなモスク(イスラム教徒の宗教施設)があり、ドバイよりも落ち着いた街で、ナイトクラブも多く、大人が、楽しめる街だと思います。アブダビもおススメです!(40代 女性)

◆エジプトの帰りに2泊したが、公共交通機関がタクシー位しかなく、日曜の夕方にショッピングセンターからの帰り、タクシー待ち1時間以上だった記憶がある。10年位前の話。(50代 男性)

◆この前の号(2016~17)版を購入しました。ドバイとアラビア半島は約2週間の個人旅行を楽しみました。ドバイはバージュ・ハリファやドバイ・モール、水族館、ファウンテン、その他にもスークやデザートサファリなどを満喫してきました。それ以外、このガイドブックにあるアブダビ、オマーン(マスカット、ハッサブ)、カタール(ドーハ)、バーレーン(マナーマ)にもまわりました。この本は行きたいところがすべて掲載されていてとても役立ちました。また、2016~17版の表紙にあるカタールのスーク・ワキーフの騎馬隊にも遭遇しましたが、後方の列の人は、馬に乗りながらスマホをいじっていたのが印象的。なんとも人間味のある人たちばかりでした。(50代 女性)

◆7つ星ホテルでコーヒーを飲むことしかできなかった。でも、いい経験。(20代 男性)

◆去年のゴールデンウイークに行ってきました。高いビルが沢山あって、豪邸ばかり。だけど 暑くて人はあまりみかけませんでした。(70代 女性)

◆クウェート在住の日本人ですが、アラブ首長国連邦のアル・アインには1年4箇月間だけ住んでいたことがあります。当時は、ドバイやアブダビに愛車の黄色のビートルを飛ばしてよく行きました。表紙の絵にあるデザートサファリも経験しましたが、車体が激しく揺れ、傾きも大きいため、車内で頭をぶつけた記憶があります。それから2年後の2012年に同国を訪れた際には、地球の歩き方の取材班も断念したというクムザール(オマーンの飛び地)にボートで行きました。撮影禁止の所が多く、写真は少ししか撮れませんでしたが、本土と陸続きでありながら隔離された大変面白い所でした。(40代 男性)

◆この間旅行でドバイ行きました!砂漠ツアー、結構でこぼこで酔ってしまいました(笑)普段は全く酔わないタイプなので、酔い止めは必須です!笑(20代 女性)

◆学生時代の友人が気に入って何度もドバイに行きます。お土産に貰った金属製のポットを眺めているとアラジンやアリババを連想します。(60代 男性)

◆アフリカ帰りにドバイにストップオーバーで1泊したことがあります。アブラという船で旧市街と新市街を行き来するのが楽しかったです。バスのシートが男女別だったりウォーターアミューズメントで女の人がアバヤを着たままプールにいたりしてびっくりさしました。(40代 女性)

◆砂漠のアドベンチャードライブ。年齢制限で参加できなかった。自己責任で参加したい。(80代 男性)

◆イスラム教国初めての滞在都市でしたが、これだけの観光都市にもかかわらず市中にお酒が販売されていないことに驚きました。連日日中は40度近くの酷暑だったので、冷たいビールが恋しくなりました。(40代 男性)

◆ドバイは、まだ行ったことがないですが、以前観た映画「セックスアンドザシティ」や「ミッションインポッシブル」でドバイが舞台のことがあって、ドバイってこんなところなんだって結構刺激になりました。ぜひ訪れてみたい地です!!(20代 女性)

◆ドバイで上司が髪の毛を切ったとのことで写真を見せてもらうと、民族衣装を着た記念写真が中東の現地人そのものだった!(30代 男性)

◆ドバイに住んでみたい!という一心で企業を探して就活し、内定を頂き、同期で唯一UAEを担当する部署に配属されました。人事に猛アピールした甲斐があったと歓喜しています。仕事でも行けそうですが、今年はプライベートでも行ってみたいです。(20代 女性)

◆神田うのさんの新婚旅行先と認識しています。世界のお金持ちが集まっている国ですね。(60代 女性)

◆ドバイの空港はまるで大型ショッピングモールのようでした。館内に滝が流れていて、さすがお金持ちの国だなぁ、という感じです。(20代 女性)

◆2年前に行きました。砂漠にある大都会でした。砂漠のツアーには参加しませんでしたが、世界一高いビルのブルジュカリファやドバイモール、そして古い時代が感じられる歴史地区を散策など古さと新しさが同居した都市です。一度は行ってみる価値ありです。(50代 男性)

◆欧州へ行く時、ドバイ乗り継ぎだったので、半日ほど寄りました。ゴールドモスクはキンキラキンで面白かったです。アラブの王様達の御用達なのでしょうか。(50代 男性)

◆15年ほど前にドバイへ旅行して実際にデザートサファリツアーをしました。迫力があり、横転してしまうのではないかというドキドキ感もあり、とても楽しかったです。サンドボードをしたり、ラクダに乗ったり、ベリーダンスを見ながら食事をして、水タバコを吸いました。内容が充実していて満喫できたので良い思い出になりました。だいぶ開発されて街も雰囲気が変わったと思うので、また訪れてみたいです。(30代 女性)



たくさんのご応募・コメントありがとうございました!

公式メールマガジン「地球の歩き方WEB通信」にて「表紙当てクイズ」を毎月実施中☆
その他、毎号うれしいプレゼントキャンペーンをご案内!
メールマガジンのご登録がまだの方は⇒こちらからどうぞ

What's New一覧