海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > オランダ > アムステルダム > 観光スポット > 市立美術館

オランダ市立美術館Stedelijk Museum Amsterdam

アムステルダムイメージ

19世紀後半から現代までのモダンアートが展示された美術館。2012年9月末に10年がかりの改装工事を終え、再オープン。真っ白な増築部分は「バスタブのよう」と言われ、れんが造りの本館とのつながりに違和感を覚えるほどだが、内部に入るとつなぎ目は感じられない。印象派のセザンヌ、モネ、ゴッホをはじめとして、ピカソ、シャガール、マティス、カンディンスキー、オランダ出身のモンドリアンなど、今では大御所といった感のある画家の作品が網羅されている。このほかにもアンディ・ウォーホルやフランク・ステラといった20世紀の画家の作品から、これから有名になるかもしれないという画家のものまで、バリエーションに富んでいる。特に1950年以降の作品は充実。
常設展以外の企画展示にも興味深いものが多い。ガイドブックや教科書に書き尽くされた古典に飽きてしまった人、現代美術に興味がある人にとっては、とても楽しい美術館だ。
ユニークなデザインの雑貨や小物などが並ぶショップをのぞくのも楽しそう(ショップは入場無料)。

住所
Museumplein 10
交通アクセス
【トラム】2、5、12 Van Baerlestr.下車
TEL
020-5732911※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
オランダへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
10:00~18:00(金~22:00)
定休日
無休
料金
€15(特別展開催時は料金変更あり)
注釈
※金曜夜はFriday Nightとして、アーティストのインタビューやパフォーマンス、フィルム上映などのイベントあり

地球の歩き方からのオススメ情報

アムステルダムのおすすめホテル

アムステルダム の海外航空券

アムステルダムのおすすめツアー

あなたにおすすめの記事

アムステルダムの現地ツアー