海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > ドイツ > ベルリン > 観光スポット > ニコライ地区

ドイツニコライ地区Nikolaiviertel

ベルリンイメージ

赤の市庁舎からシュプレー川の間に広がる地区は、いわばベルリンの発祥の地。このあたりを中心にベルリンは発展してきた。ニコライ教会Nikolaikircheは1230年建造のベルリン最古の教会。内部は市立博物館として公開されている。この教会の周囲はニコライ地区と呼ばれ、しゃれたカフェやレストランが建ち並ぶ。シュプレー川沿いにはエフライム宮殿Ephraim Palaisというロココ様式の館が復元されて、内部は美術館になっている。

地球の歩き方からのオススメ情報

住所

ニコライ教会(市立博物館):Nikolaikirchplatz エフライム宮殿:Poststr. 16

交通アクセス

[U][S]Alexanderplatzから徒歩約15分。バスはM48、248番

開館時間

ニコライ教会:10:00~18:00
エフライム宮殿:火・木~日10:00~18:00、水12:00~20:00

定休日

ニコライ教会:10/3、12/24~26、12/31、1/1
エフライム宮殿:月、クリスマス~新年休館あり

料金

ニコライ教会:€5、€3
エフライム宮殿:€5、学生€3

ドイツ の海外航空券

ベルリンのおすすめツアー

ベルリンの現地ツアー

ベルリンのおすすめホテル