海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > スペイン > マドリード > 観光スポット > 王宮

スペイン王宮Palacio Real

マドリードイメージ

マドリッドがマヘリットと呼ばれていたイスラム時代、この場所にはモーロ人の城塞アルムダイナがあった。11世紀末キリスト教徒に町が奪回されるとカスティーリャ王国の宮廷が置かれ、1561年マドリッドに都が移されてからはハプスブルク王家の居城となったが、1734年の火災で焼失してしまう。
その後、フランスのヴェルサイユ宮殿で育ったブルボン朝の初代国王フェリペ5世は、イタリア・フランス風の王宮建設を命じた。イタリア人建築家ユヴァーラ、サケッティ、サバティーニなどが携わり、現在の城が完成したのは1764年のこと。先代のアルフォンソ13世が追放される1931年まで、ここが歴代国王の住まいだった。150m四方の建物の中には2700もの部屋があり、その一部は今も公式行事に使われている。

地球の歩き方からのオススメ情報

住所

Bailen, s/n

交通アクセス

オペラ駅から徒歩5分

TEL

91-4548800※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
スペインへの電話のかけ方をご参照ください。

開館時間

4~9月は10:00~20:00、10~3月は10:00~18:00

所要時間

2時間

定休日

1/1、1/6、5/1、12/24、12/25、12/31、そのほか公式行事が行われるとき

料金

€11、学生€6、ガイド付き別途€4

マドリード の海外航空券

マドリードのおすすめツアー

マドリードの現地ツアー

マドリードのおすすめホテル