海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > スペイン > マドリード > 観光スポット > 王宮

スペイン王宮Palacio Real

マドリードイメージ

カサ・デ・カンポを見下ろす小高い丘に建つ、白い石の宮殿。
マドリッドがマジュリートと呼ばれていたイスラム支配時代、9世紀後半に建設された城塞アルムダイナがあった場所だ。1083年に町がキリスト教徒に奪回されてからはカスティーリャ王国の宮廷がおかれ、1561年の遷都後は国王の居城となった。しかしアルカサルと呼ばれたそのれんがの城も、1734年12月24日の夜に炎上、すべて焼け落ちてしまう。
18世紀初め、ヨーロッパ中を巻き込んだスペイン王位継承戦争の後、ハプスブルク朝に代わりフランス・ブルボン朝が始まる。パリ郊外のヴェルサイユ宮殿で生まれ育った初代国王フェリペ5世は火災を機に、新しい王宮の建設を命じた。1764年にはカルロス3世がこの宮殿に移り住み、以後、先々代のアルフォンソ13世が第2次共和政府樹立とともに追放されるまで、歴代の国王が住まいとしてきた。なお、現国王夫妻はマドリッド郊外のサルスエラ宮殿で暮らしており、現在は公式行事などに使用されている。

住所
Bailén, s/n
交通アクセス
【地下鉄】2/5/R号線オペラ駅から徒歩5分
TEL
91-4548800※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
スペインへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
4~9月:10:00~20:00
10~3月:10:00~18:00
※入場は閉館1時間前まで
定休日
1/1、1/6、5/1、5/15、10/12、11/9、12/24、12/25、12/31、そのほか公式行事が行われるときも休館
料金
€11、学生€6、ガイド付きは別途€4
注釈
※毎月第1水曜の12:00から約40分間、王宮前のアルメリア広場で衛兵交代の儀式が行われる(7~9月と公式行事開催時、悪天候の場合を除く)。

地球の歩き方からのオススメ情報

王宮の口コミ

王宮・マドリード

評価 ★★★★☆

王宮・マドリード(2012年12月31日) スペインがイスラム教に支配されて...

続きを見る

王宮の口コミ一覧

マドリードのおすすめホテル

マドリード の海外航空券

マドリードのおすすめツアー

あなたにおすすめの記事

マドリードの現地ツアー