海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > アジア > タイ > チップ・マナー

タイタイのチップ・マナー

地球の歩き方がタイのチップ・マナー情報をご案内。タイのチップの風習、ホテル・レストラン・タクシー利用時のチップの相場や渡し方、食事の際の気をつけるべきマナー、喫煙・飲酒の年齢制限など役立つ情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




チップ

日本の心付け同様、高級な場所ではいくらか渡したほうがスマート。

【ホテル】荷物を運んでくれたボーイやルームサービスに20B程度。ピローチップ(枕銭)は不要。

【レストラン】サービス料が含まれているようなレストランではおつりの小銭を、サービス料が含まれていなかったら支払い額の10%程度(多くても100B程度)。いずれにしろ明細はしっかり確認すること。

【タクシー】不要。

【タイ式マッサージ】一般的な店なら満足度に応じて1時間なら20~50B程度、2時間で50~100B程度。「チップ、センエン(1000円)」などと言われても真に受けないように。そんな相手にはチップは不要。

マナー

【ゴミのポイ捨て禁止】バンコクをはじめタイ国内の都市部では、条例によりゴミやたばこのポイ捨てに最高2000Bの罰金を科している。

喫煙

【禁煙令】タイではおもにエアコンが効いて密閉された公共スペースにおける喫煙が禁止されている。発表されている禁煙場所は下記のとおり。

[営業時間内は禁煙]
・公共交通機関(バス、タクシー、旅客用鉄道車両、船、航空機、スクールバス)

・エアコン付き建物内(乗り物などの待合室、インターネットカフェ、スポーツ施設、レストラン、エレベーター、売り場、ホテルのロビー、バーなどのナイトスポット)

・建物内(劇場、図書館、床屋、仕立屋、美容院・エステ・スパ施設、薬屋、百貨店、入院施設のない医療機関、宗教儀式を行う場所、トイレ)

・そのほか(公共の船着場、電話ボックス)

学校や役所、スポーツ施設、医療機関、博物館・美術館、交通機関、飲食店など、不特定多数が利用する公共の場所は、だいたいどこも禁煙と考えよう。

[違反者の処分]違反者は罰金2000B。

その他

【緊急時】警察 191、救急車 1669(英語可)

【たばこ、アルコール類の販売制限】
・たばこ:展示販売が禁止されているので、店頭には陳列されていない。

・アルコール類:11:00~14:00と17:00~24:00のみ販売可。飲食店によっては、販売不可の時間帯に酒類を出さないところもある。ただし小さな個人商店では時間外でも販売してくれるところが多い。また、選挙の前日18:00から当日24:00までは酒類の販売及び飲食店での提供は不可。仏教関係の祝日にも酒類の提供を自粛する飲食店がある。

年齢制限

18歳未満はたばこ、アルコール類の購入、使用は不可。

おすすめ旅行用品

タイ の海外航空券

タイのツアー最安値

タイの現地ツアー

タイのおすすめホテル

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■タイ のお金情報・お金事情


アジアにもどる

特集&トピック