海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 中南米 > バハマ > ビザ・パスポート・入出国

バハマバハマのビザ・パスポート・入出国

バハマ

地球の歩き方がバハマのビザ・税関・検疫・予防接種などをご案内。バハマへ渡航する際、ビザが必要か不要か、ビザの種類や申請方法、パスポートの残存有効期間についてなど、渡航する際の注意事項や、入出国に関するお役立ち情報満載です。

地球の歩き方からのオススメ情報




入出国とビザ

【ビザ】3カ月以内の観光目的の滞在なら日本国民は不要。

【パスポート】残存有効期間は入国時に6ヵ月以上あること。また入国時に、出国用の予約済み航空券(または乗船証)と十分な滞在費用が必要だ。

【入出国】アメリカを経由する場合は、日本を発つ前にESTAの取得が必要。経由地のアメリカに入国する際には税関申告書を記入し、入国審査の際にパスポートとともに提示し、荷物をピックアップしたのちに職員に渡す。税関申告書はない。バハマの入国には機内で配られた入出国カードに必要事項を記入し、パスポートと共に提示して入国審査を受ける。出国用の航空券(またはEチケット)の提示を求められることもある。入国カードは複写になっており、審査が終わるとパスポートと一緒に返してくれる。出国時には入国カード裏のアンケートに答えて、航空会社の窓口にチケットとともに提出することによりバハマの出国手続きは終了。バハマの空港内にはアメリカの入国管理事務所があり、航空会社でチケットを受け取り、手荷物検査後にアメリカの入国手続きがある。ESTAを持っている場合は専用の機械で各地チェックインする。したがって、アメリカ到着時に入国審査はない。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際の注意】
◆ESTA(エスタ)
2009年から『査証免除プログラム(VWP)』を利用して、アメリカへ入国・乗り継ぎ・通過する場合、電子渡航認証システム(ESTA)の渡航認証の取得が義務付けられた。(料金US$14、陸路入国を除く)。渡航認証の有無はアメリカへ出発する空港などでのチェックイン時に確認され、取得していない場合は搭乗できなくなる。アメリカ経由でメキシコへ行く場合も同様なので注意すること。ESTAは2年間有効で、期限内は何度でも渡航可(パスポート更新時を除く)。
ESTA渡航認証は米国CBP(税関国境警備局)のウェブサイトを通じてオンライン取得できる(旅行会社などに登録を代行してもらうことも可能)。
また「地球の歩き方」ホームページではESTAの解説ページも掲載している。
URL:https://www.arukikata.co.jp/esta

【米国CBP(日本語あり)】
URL:https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

旅の準備/旅の準備と手続き

知っているようでいざというときに慌てがちな旅の準備と手続き。
パスポートの申請、ビザについて、海外旅行でのお金について、などを解説します。

■パスポート申請時に必要な書類
■パスポート申請時の注意点
■受領と切り替え申請について
■パスポート(旅券)を紛失、盗難、焼失したときは

おすすめ旅行用品

中南米 の海外航空券

バハマのツアー最安値

バハマのおすすめホテル

地球の歩き方 お金ガイド

コラムイメージ
海外旅行の準備をする時に知っておきたい「旅のお金」について徹底ガイド!
旅に必要な予算やお金の持って行き方、お得な両替方法など、旅行準備に役立つテーマを集めました。
■海外旅行に使える!お得な外貨両替術
■海外 のお金情報・お金事情

中南米にもどる

特集&トピック