血の滾るようなセール開始!!!

公開日 : 2010年07月02日
最終更新 :

このところ本業が頓に忙しく、ブログの更新が暫く途絶えてしまっていてすみませんでした。

ところで件名の通り、ウィーンでは先週〜先々週あたりからセールに突入しました!!!

今週こそやっと暑くなってきたものの、通常ウィーンでは既に暑いはずの5〜6月は気温がずっと低いまま。夏物の売れ行きがあまり良くなかったと憶測されるので、今年は例年よりも良い品が低価格で手に入りそうな予感です!

--------------------Kohlmarkt(コールマルクト通り)--------------------

・ Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン):通常セールはなし

DSCN9435-a.jpg

上質な革製の靴や鞄が最大50%offに!お洋服・ベルトも安くなります。

歩きやすい靴が多いので、よく著者も衝動買いしました。

・ Gucci(グッチ):鞄・財布・靴等が30%程度安くなります。ベルト・ネクタイが安くなっているのは見たことがありません。

・ Chanel(シャネル):定番商品が安くなっているのを見たことは残念ながらありませんが、季節商品(サマー用の布製のバッグやサンダル等)は安くなります。

--------------------Graben(グラーベン)--------------------

・BALLY(バリー):以前あったケルントナー通りからこちらグラーベンに移設されます。最近忙しくて街に出ていないので確認できていませんが、もう完成されたかも?

やはり革製の靴・鞄・財布やお洋服が安くなります。程良くトラディッショナル且つスポーティなデザインが旦那さまへのお土産にお勧め!

・ HERMES(エルメス):定番を除く一部商品が安くなることも。

・ Mont Blanc(モンブラン):一部安くなります。

・ LACOSTE(ラコステ):一部商品安くなります。

・ ZARA(スペイン語の発音でサラ。英語読みだとザラ、ドイツ語でツァラ):バルセローナ発のアパレルブランド。普段着からドレス、子供服まで、お手頃な価格で手に入ります。

DSCN9438-a.jpg

--------------------ケルントナー通り--------------------

DSCN9450-a.jpg

・ SALAMANDER(サラマンダー):HUMANICがどちらかというと10〜30代の若目の男女がターゲットであるのに対し、こちらは10〜60代までOKなよりターゲット層の広い商品展開です。ウィーンにおいては珍しくTrue Religionの靴が置いてあるのも魅力!

DSCN7950-a.jpg

著者も昨年ショートブーツを衝動買いしてしまいました。。。

・ MANGO(マンゴ):ZARAと同じくバルセローナ発の気鋭デザイナーが発信するアパレルブランド。カジュアルからオフィス用、パーティー用と全身でコーディネートできるスタイルが魅力です。是非覗いてみて下さいね!

・ H&M(エイッチ&エム):グラーベンに1店舗、ケルントナーに2店舗あるスウェーデン発の低価格アパレルブランド。日本でもユニクロのライバルとして銀座に出店し話題になりました。著者的にはこの2ブランド、価格帯が肉薄していても、

H&M:品質はあまり良くないがお洒落、低価格。1シーズンだけ着倒してお洒落を楽しみたい人向け。

ユニクロ:低価格高品質の普段着。H&Mほどデザインが斬新ではないが、たび重なる洗濯に堪えうる品質、惜しみなくなく着られる値段。

と全く方向性が違うという見解で、競合には成り得ないと思っているのですが。

H&Mはセールでなくても安い上、セール中には更に低品質なお洋服(セール用に作られたかのような商品)が投入されている感があるので、セール中には特に訪れなくてもよいショップの一つです。でもアクセサリーは安くて可愛いものが多いのでお勧め!

DSCN9427-a.jpg

オーストリアと言えばこれ!!!言わずと知れた、オーストリアを代表するクリスタル製品を扱うお店。著者も小学生のころ、海外旅行に行く度にクリスタル製のネコやウサギ、ヒヨコの置物を買って貰っていました。強度が大変強く、母親が間違って2階のベランダからお布団を干す際にクリスタルのウサギを外の通りに投げ落としてしまった折にも、ほぼ無傷だったほどです。(一つだけ耳が欠けちゃいましたが 泣)

DSCN9431-a.jpg

ケルントナー通りに3店舗も展開するなど、大変な人気を誇っています。規模としては、ケルントナー通り中ほどに位置する大型ショップはウィーン最大級!気軽に試着できるので、あれこれ楽しんでみて下さいね。またお土産としても、イタリアでもフランスでもなく「オーストリアのお土産!」と胸を張って持ち帰られるのも高得点!!!但しセール時期は他のショップに比べて大変短い期間に限られているので、もし気に入った商品が見つかった際には、迷わず買うのがポイント!

・ Hugo Boss(ヒューゴ・ボス):ドイツ発のアパレルショップ。辛口デザインのスーツやドレス、シャツ等が、働く男女にピッタリです。

・ United Colors of Benetton(ベネトン):ケルントナー沿いに大人用1店舗、マタニティー用1店舗の合計2店舗。カジュアルなお洒落着からシンプルなスーツまで揃っています。

上記の情報は著者の昨年までの経験に基づいたものなので、必ずしも今年もそうであるとは限りません。でも思わぬ掘り出し物が見つかることもあって面白いので、お時間あれば是非色々覗いてみて下さいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。