クリスマスにおすすめのお土産 カフェ・オバラーのシュトーレン

公開日 : 2016年12月13日
最終更新 :

オーストリアやドイツ、オランダなどでクリスマスに伝統的に食されるクリスマス菓子のシュトーレン。

日本でも年々知名度が上昇しつつありますよね。

こちらは、オレンジピールやレーズンなどのドライフルーツやナッツ、マジパンなどを生地に練り込んで焼き、表面にパウダーシュガーがたっぷりとまぶされた焼き菓子。

先月紹介したヴァニレキプファル(クリスマス用の三日月形クッキー)同様、家庭で作ったり、スーパーマーケットやクリスマスマーケットなどで入手することができるのですが、今回おすすめしたいのはウィーンのカフェ・オバラーのもの。

Oberlaa-stollen-500.JPG

スーパーで流通しているものとは違い比較的フレッシュであるうえ、ウィーン有名パティスリーのハウスメイド菓子だけあり、ずっしりとした重みの中にも、しっとりモチモチの食感とフルーティーな後味が堪能できる作品となっています。

日持ちがするうえ、他で売られているものとは異なり、オバラーの紙製の箱にきれいに包装されているので、お土産にはうってつけの品。

ウィーンの優雅なクリスマス気分をぜひお裾分けしてあげて下さいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。