【潜入レポート】カフェオーナーの舞踏会に登場した麗しのケーキたち <中篇>

公開日 : 2017年03月29日
最終更新 :
Ball-Klimttorte-600.JPG

「カフェオーナーの舞踏会」のカフェコーナーには、前篇で紹介した皇室御用達ゲルストナーの"くるみのケーキ"以外にも、こんなに美しいトルテ(ケーキ)が!

こちらはウィーンの輩出した偉大な芸術家、グスタフ・クリムトへのオマージュ作品である"クリムト・トルテ"。

2012年に同店が彼の生誕150周年を記念してクリエイトしたもので、内容はくるみとビスケット、チョコレートの生クリーム、マジパンと言った具合。ウィーンを来訪したら、記念に一度は食べておきたいケーキです。

しかし驚くのはまだ早い。

舞踏会場には更に度肝を抜かれるようなものが!

Kaffeesiederball-alle-torten-a.jpg

©Gerhard Fally

圧倒的に芸術的なケーキの数々が陳列されていました。

しかもなんと、これらは全てくじ引きの景品なのです。

つまり、一口数ユーロで販売されている抽選券を購入すれば、このケーキを当てるのも夢ではないということ。

そんなはかない夢にすがり、我が家も他の多くのドリーマーたちと同じく数口購入しましたが、当たったのはいずれもプロセッコやロゼワインなどのアルコール類ばかり。他にはひたすらビールばかり当たった友人もいたほどですし、いいんですけどね・・・。

気を取り直して、最もアーティスティックだったケーキを中心に、詳しく見ていきましょう。

Ball-Cafe-3er-torte-600.JPG

こちらはカフェレストラン・ドライアーの製作したマスクをあしらったケーキ。

仮面舞踏会を彷彿とさせるような粋な装飾が印象的です。

Ball-Cafe-Floriani-hof-torte-600.JPG

ウィーン8区のフロリアーニ通りにあるカフェ・フロリアーニの作品。

同カフェのお洒落なロゴがそのままトルテの模様となっています。

Ball-Cafe-Frauenhuber-torte-2-600.JPG

モーツァルトやベートーベンも店内で演奏した老舗のカフェレストラン・フラウエンフーバーのケーキは、いかにもカフェハウスらしい気概と気品に満ちたもの。これが欲しかったなぁ・・・。

Ball-Heiner-torte-600.JPG

ウィーンを代表するハプスブルク皇室御用達店のひとつ、ハイナーのもの。

シンプルながら、ケーキの上にあしらわれた昔の店内の様子が個性的で、老舗のプライドを感じさせます。

ケーキの上にももちろん「皇室御用達」の文字が。

Ball-Hummeltorte-600.JPG

この舞踏会の中心となって主催しているカフェレストラン・フメルのケーキ。

ハレの場に相応しく、シャンパンとシャンパングラスが見事に華やかな雰囲気を醸し出しています。

Cafe-oberlaa-torte-pre-a.jpg

©Gerhard Fally

最後は、ウィーンでチェーン展開されている有名カフェコンディトライ(カフェ&パティスリー)のひとつ、オバラーのもの。

これぞ舞踏会の趣旨に沿った正統派のケーキで、大きなコーヒーカップ及びコーヒー豆のモチーフで飾りたてられています。色味から鑑みて、味も恐らくコーヒーフレーバーでしょう。当たらなかったので判別できませんが(←僻み)。

コーヒーカップの背景に、シュテファン大聖堂やプラーターの大観覧車と言った、ウィーンを代表する観光名所がさりげなく描かれているのもポイントです。

今回紹介したもの以外にも、目を奪われるようなケーキが目白押しでした。

スイーツ好きとしては、どれも一口ずつ食べてみたかったです。

当選した人々が本当にうらやましい限り・・・。

またまた長くなったので、次回の後篇に続きます。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。