No.529パリ南西サン・クルー公園の大花火大会!

公開日 : 2019年08月30日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

パリからやや南西に位置するサン・クルー(Saint-Cloud)公園は、磁器で有名なセーヴルの近く、ちょうど、パリとヴェルサイユの間あたりにに位置する巨大な森の中の庭園です。その歴史は、16世紀にフランス国王妃カトリーヌ・ド・メディシスが土地を購入したことから始まります。

529-1.jpg

こちらはイメージ写真!©Tejima Shuji

このサン・クルー公園では、2008年から、欧州最大と謳われる花火大会を、毎年9月頭に催しています。今年2019年の開催日は、9月7日(土)。時間は18時半から。

花火大会とは書きましたが、むしろ、花火も使ったショーと呼ぶのがふさわしいものです。今年ヴァージョンは「レ・プラン・フゥ(Les pleins feux)」と題されています。

9月に入り、かなり日が短くなったとはいえ、日本と比べれば日の入りは遅く、パリでは20時半ごろです。そのため花火が始まるのは、21時半を過ぎてから。

それまでは、複数のアーティストによるコンサートが催されます。今年は、特にクイーン(Queen)にスポットを当てたレパートリーを予定しています。

21時半から、花火とともに演奏されるのは、なんとピンク・フロイド(PINK FLOYD)の曲。花火ショーは、1時間半続く予定です。

詳しいプログラムはこちらの公式サイトをご覧ください。

観覧料は、場所によって4レベルに分かれており、大人(26歳以上)は29ユーロ/49ユーロ/59ユーロ/85ユーロとなっています。

チケット購入はこちらのサイトから

開催者によれば、混雑を避けるためにも、17~18時の現地到着が望ましいそうです。

【最寄り駅】

・メトロ10番線の終点Boulogne Pont de Saint-Cloud駅

・トラムT2線のParc de Saint-Cloud停留所

・フランス国鉄(SNCF)のL線とU線のSaint-Cloud駅

(冠ゆき)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。