【ベルギー】もしもの備え。ヨウ素剤配布について

公開日 : 2022年03月04日
最終更新 :

こんにちは。ブリュッセル特派員のHiromiです。
ベルギーではひと家庭にひとつ、放射能事故に備えてヨウ素を無償で配布しています。
ベルギー国内で運転されている原子力発電所は、運転開始から30年以上たっており、近年多数のひび割れが見つかっていることから、「もしもの備え」として希望する家庭に配布しているというものです。

ヨウ素の効果

放射性ヨウ素を含む核分裂生成物を環境中へ放出され、体内に吸収されると甲状腺に集積され、何年かすると甲状腺癌を発生させる可能性があります。
効果は内部被曝に限定されますが、内部被曝を防ぐためにヨウ素を効果的なタイミングで摂取するといいそうです。

さっそく薬局に

この看板があるところが薬局です。
日本同様、処方箋が出ている薬もこちらで購入できます。
ヨウ素をまだもらったことがないので欲しい旨を伝えると、IDカードと電話番号と住所を聞かれ、登録しました。

これがヨウ素タブレットで、原発事故についてのリーフレットももらいました。
政府の指示があったら服用してくださいとのことでした。
いただいたタブレットは2017年製。もしものために備えて製造・保管されていたのでしょう。
できるところから万が一に備えて身を守るようにしなくてはいけないですね。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。