【ハンガリー】イタリア特派員、ブダペストに行く③

公開日 : 2023年06月10日
最終更新 :
筆者 : 望月 唯

ブダペストのペスト側にはたくさん、お酒を飲むところがたくさんあります。
17時くらいからビールを飲むことができて、みんな話に花を咲かせています。
治安はかなりよく、女の子たちでも夜遅くまで飲み歩いているそうです。
そんなペスト地区のバーなのですが、ちょっと特殊な特徴がありました…

ペスト地区のバーは、ギラギラ?!

バーは歴史的な建物の中にありました。
バーは歴史的な建物の中にありました。

ハンガリーの首都、ブダペスト…ブダ・旧ブダ・ペストの3つの街が合併して生まれた街です。
ベスト側は近代的な建物もある大都市ながら、ヨーロッパの伝統的な街並みも残る美しい街…
なのですが、なんとペスト地区のいたるところにあるバーの内装は、こんな感じ…

ブダペストで一番有名なバーの内装
ブダペストで一番有名なバーの内装

すごく不思議です!
バスタブとか、誰かの荷物とか、カラフルなランプとか…
色んなガラクタがごっちゃり集められ、カラフルにライトアップされています。

屋根の上には胸像が……
屋根の上には胸像が……

「仕事帰りに一杯!」とかに立ち寄るスポットだそうです。
いやぁ、こういうガチャガチャした雰囲気で飲んで落ち着けるのでしょうか…

部屋ごとに展示されているガラクタや照明が違います。
部屋ごとに展示されているガラクタや照明が違います。

もちろん、落ち着いた雰囲気のバーもあります。
別のお店の内装がこちら。

他のバー。少し内装が落ち着いています。
他のバー。少し内装が落ち着いています。

日本人からすると、薄暗くてカラフルなバーはちょっと入りにくいかもしれませんが、ペスト地区ではごく一般的なバーの内装だそうです。

さらに別のお店の飾りはこんな感じ…。

鳥の模型がたくさん並べられていました。
鳥の模型がたくさん並べられていました。

こちらは建物中の中です。日本でいうところのビアガーデンでしょうか。
大量の鳥の模型と電球がありました…いや、不思議なセンスです。
一ヵ所ならまだしも、本当にこういうところが多いのです…。

ぜひ、バーの変わった内装や中庭を楽しみながらビールを楽しんでくださいね。

お知らせ

1月にマルコと一緒に日本へ約5年振りに帰国いたします。
2024年1月9日(火)~18日(木)まで日本で個人レッスンをしておりますので、ぜひイタリア人ピアニストと勉強したい方はぜひ、X・旧Twitterをチェックしてください!

また、2024年1月11日に横浜市の「岩間市民プラザ」にて、マルコと初のデュオリサイタルを19時より行います。
また詳細をお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
つい先日、火事の被害に遭ったボローニャの教会のチャリティーコンサートを行おうと計画中です。
※動画は筆者撮影。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。