【イタリア】1804年オープン!歴史あるボローニャ音楽院を紹介

公開日 : 2023年07月13日
最終更新 :
筆者 : 望月 唯

今回の記事では、ボローニャにある「G.B.マルティーニ音楽院(Conservatorio di Govanni Battista Martini)」を紹介します。
普段は外部の人の立ち入りができなくなっています。
館内にある図書館の利用は、一般の人でもアクセス可能です。入り口で手続きをする必要があります。
事務室への手続き等の質問をする際も、電話でのアポイントを取らないと入れません。
コンサートやマスタークラス、セミナーなどの催しがある時や、オープンデイの時のみ一般開放されます。
もちろん、入学試験中は入学志願者とその伴奏者は入れます。

※コンサートホール・階段・中庭など、一般的にも開放されている部分のみを写真で紹介します。
※現在、図書館は回収工事中のため入れません。

大作曲家・ロッシーニも学んだ名門

階段にはG.B.マルティーニの銅像があります。
階段にはG.B.マルティーニの銅像があります。

ボローニャ音楽院は、イタリアにある国立の音楽院の一つです。
ボローニャの音楽高校(Liceo Musicale di Bologna) 1804年にオープンしました。
オペラの作曲家、そして美食家として有名なジョアキーノ・ロッシーニ も1806年に入学しています。
1839年にはボローニャ音楽院の校長も務めました。
同じくオペラ作曲家であるドニゼッティも入学しています。
レスピーギ、ボッシ、ブゾーニなど有名な音楽家も学長を務めました。

入口

ボローニャ音楽院はロッシーニ 広場(Piazza Rossini)にあります。
入口の前には大きな花のオブジェがあります。
記念撮影にいかがでしょうか。(ボローニャ音楽院とは関係ないのですが)

中庭

入口を入ってすぐ
入口を入ってすぐ

ベンチがあって落ち着いたスペースです。
卒業試験を終えたばかりの学生が、よく中心にある井戸の前に立って写真撮影をしています。

コンサートホール・サラボッシ

一般公開セミナー時の写真
一般公開セミナー時の写真

大きなオルガンがあるコンサートホールです。

図書館

音楽家の肖像画がたくさんある素敵な空間です。貴重な資料がたくさんあります。
※現在は回収工事中のため、入れません。

イベントは音楽院の公式サイトをチェックしよう!

普段は一般開放されていないため、館内を見たい場合はボローニャ音楽院の公式サイトで、コンサートやセミナー等のイベントがないかを確認しましょう。
イベントは公式サイトを開くとすぐに紹介されています。
オープンキャンパスは5月あたりに実施されていますよ。

ボローニャ音楽院(Conservatorio di Bologna G.B.Martini)
※許可なしには入れません。
P.za Rossini, 2, 40126 Bologna BO

お知らせ

1月にマルコと一緒に日本へ約5年振りに帰国いたします。
2024年1月9日(火)~18日(木)まで日本で個人レッスンをしておりますので、ぜひイタリア人ピアニストと勉強したい方はぜひ、X・旧Twitterをチェックしてください!

また、2024年1月11日に横浜市の「岩間市民プラザ」にて、マルコと初のデュオリサイタルを19時より行います。
また詳細をお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
つい先日、火事の被害に遭ったボローニャの教会のチャリティーコンサートを行おうと計画中です。
※動画は筆者撮影。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。