【スペイン】2024年の聖週間(セマナ・サンタ)はいつ?

公開日 : 2024年01月18日
最終更新 :

聖週間はキリスト復活の前週のことで、キリストの受難と死をしのびながら復活祭の準備をする期間。キリストがロバに乗ってエルサレムに入城した枝の主日と呼ばれる日曜日から、復活の日曜日前日までの1週間を指します。

期間中はスペインの多くの教会からマリア像やキリスト像をのせた山車が担ぎ出され、信徒や楽隊を引き連れて町を練り歩きます。読んでの通り厳かな宗教行事でありながら、このプロセシオン(宗教行列)を観に世界中から観光客がやって来るのです。アンダルシア地方のプロセシオンは華やかさももち合わせていて、特にセビージャやマラガ、グラナダなどが人気です。

Fernando Tribiño © Madrid Destino
マドリードのマヨール通りを通るマリア像の後ろ姿。煙が見えるのはお香
Fernando Tribiño © Madrid Destino
マドリードのマヨール通りを通るマリア像の後ろ姿。煙が見えるのはお香

聖週間は移動祝日なので、毎年3月か4月ではあるものの日付が変わります。今年は3月24日(日)~31日(土)。スペインの多くの学校はこの週はお休みになるので、春休み的な存在でもあります(カタルーニャ州やバレンシア州などは聖週間中の木曜か金曜から復活祭の週にかけて休むようです)。

実は、キリスト教徒ではない私も聖週間のプロセシオンを見るのが好きで、毎年自分の町で見ています。夜遅い時間に遠くから太鼓の音が聞こえてくると、上着を羽織って外に飛び出すことも。お香の香りや厳かな音楽に包まれて美しいマリア像や十字架に磔られたキリスト像を見ると、胸にこみあげるものがあるのです。宗教がもつ人を惹きつけるパワーを感じざるを得ません。

この期間にスペインにお越しになる方は観光案内所で情報を入手し、ぜひプロセシオンを見に行ってみてください。

なお、この時期は宿泊施設や交通機関が混み合いますのでご注意を。

筆者

スペイン特派員

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。オリーブオイル専門家としてスペインと日本で活動するほか、複数のウェブサイトにスペイン情報を寄稿。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。