【モントリオール】オシャレなプラトー地区でワッフルづくし!

公開日 : 2024年02月12日
最終更新 :
筆者 : NAMI

モントリオールからボンジュ~ル!
皆さんこんにちは。モントリオール在住、カナダ特派員のNAMIです。

本日ご紹介するのは、先日ご紹介したエクレア専門店(こちらを参照)もあり、どのガイドブックにも人気エリアとして紹介され、おしゃれなフランス人がたくさん住んでいるプラトー・モンロワイヤル地区の中でも特にレストランの多い通りにあるカフェ&ブランチレストランです。

プラトー・モンロワイヤル地区

レストラン、バーやカフェが多いプラトー・モンロワイヤル地区は、ルームメートとシェアする学生やフランス人が多く住んでいて、賑やかで暮らしやすいエリアとして知られ、たくさんの魅力的なDuplex(デュプレックス:2階建て住宅)やTriplex(トリプレックス:3階建て住宅)と呼ばれるタウンハウスが通り沿いに建っています。
フォトジェニックにもなっている、外付けの階段やらせん階段が特徴です。
いろいな外階段があるので、プラトー・モンロワイヤル地区を散策した際には注目してみて下さい。
この外付け階段は、19 世紀半ばから仕事を求めて大量にモントリオールにやって来た住人の為に、効率よく土地を使いながら建てられたアパートで、内部スペースを広くするために階段が外につけられました。
そしてこれらの家の玄関前には小さい庭のようなスペースがありますが、これは道路や近隣地域に閉塞感を出さないようにと義務付けられたスペースです。

プラトー・モンロワイヤル地区の中心でもあるAve du Mont-Royal(モンロワイヤル)通りとSt-Denis(サンドニ)通りにはカジュアルなカフェやレストラン、いつもたくさんの人で賑わっているバー、現代美術のギャラリーや劇場が建ち並んでいます。
モントリオールで3番目に広いParc La Fontaine(ラフォンテーヌ公園)では、犬を散歩させる人、ジョギングをする人、バーベキューをする人など週末になると友達や家族で楽しむ人でいっぱいです。

モントリオールの典型的なアパート
モントリオールの典型的なアパート
カラフルな家が並んでいるところも
カラフルな家が並んでいるところも

Avenue Duluth(ドゥルース通り)

ドゥルース通りは、プラトー・モン ロイヤル地区の中でもの活気のある通りのひとつで、ギリシャ料理、ポルトガル料理、ベルベル料理、イタリア料理やアフガニスタンなどさまざまな国のレストラン、ビストロ、ブラッスリーが建ちならんでします。
西は街のシンボルでもあるモンロワイヤルにあるモンロワイヤル公園から東はラフォンテーヌ公園まで続き、フォトジェニックになりそうな家がたくさん建ちならぶこの通りをゆっくりと散歩して歩いてもいいですね。
【Apportez votre vin(お好きなワインを持参して下さい)】と書かれたレストランも多く、自分の好み、値段にあったワインを持参することが出来ます。

そんな雰囲気の中にあるお店が、今日ご紹介する「LA MAISON OFLORE」です。

LA MAISON OFLORE

可愛らしい外観のこのお店は、コロナが始まるちょっと前にOumou(ウム)さんとHugo(ユーゴ)さんがオープンしたワッフルをメインに提供しているカフェ&ブランチレストランです。

【ワッフルとゴーフルの違い】
日本で一般的に使われているワッフル(waffle)は英語で、フランス語ではゴーフル (gaufre) と呼ばれています。
こちらで提供されるのはゴーフルですが、日本ではゴーフルはウエハースのようなお菓子を指している場合が多いので、表題や記事内ではあえてワッフルと表記しました。

可愛いお店の外観
可愛いお店の外観

お店の中に入ると、注文するカウンターがあります。
透明ガラスに貼られている案内のとおり、先ずは①メニューを見ることが出来るQRコードをキャンします。
そして②注文が決まったらお支払いをして下さい。
QRコードがスキャン出来ない場合でも心配しないで下さいね。
レジの上にもメニューが貼ってあるので、そちらを見て注文する事も出来ますよ。
注文が終わったらお好きな席へどうぞ。夏には素敵なテラスも解放されます。

店内の席は全部で24 席、お店を入ったところのカウンター席4席です。
夏はテラスにも席があるので、かなりの人数になりそうですね。
平日は比較的お客さんも少ないそうですが、週末や夏などはすぐ満席になってしまうので、なるべく早くお店に行ってくださいね。

明るくかわいい店内
©LA MAISON OFLORE 明るくかわいい店内
夏になると素敵なテラスが
©LA MAISON OFLORE 夏になると素敵なテラスが

ブランチメニュー以外にも、ゴージャスなデザートメニューもありますので、ランチタイムを外していくのもアリですね。
人気のランチメニューは、ワッフルのサンドイッチだそうです。
甘いワッフルに塩味の効いたベーコンやハムなどをはさんだサンドイッチは絶妙な味わいです。
私がこの日注文したのは「Plateau Brunch(プラトー・ブランチ)」で、スクランブルエッグとベーコンが乗った典型的なブランチメニューです。
一見油っこそうに見えるこのメニューですが、「LA MAISON OFLORE」のお料理は他のブランチレストランほどは油っこくなく意外とあっさりしていました。

Plateau Brunch(プラトー・ブランチ)
Plateau Brunch(プラトー・ブランチ)
ゴージャスなデザートワッフル
ゴージャスなデザートワッフル

そしてもうひとつご紹介したいのは、お食事をしながらも飲むことができ、購入することも出来る自家製レモネードです。
お店の名前「OFLORE(フランス語のFlour:花をなぞった)」にあるように、オリジナルのレモネード以外は、ハイビスカスやラベンダーなど全て花をつかったレモネードです。
人気のレモネードは、バーベナとハイビスカスだそうです。

レモネードのラインナップ
©LA MAISON OFLORE レモネードのラインナップ
店内で購入できるレモネード
店内で購入できるレモネード

私がこの日注文したレモネードは、バーベナのレモネード。
バーベナとは、クマツヅラ科の花で、およそ250種の野生種があるんだそうです。
主に南北アメリカの熱帯から亜熱帯に分布している草花だそうです。
ハイビスカスやラベンダーのレモネードも珍しいですが、ここにしかないバーベナを試してみるのもいいですね。

バーベナのレモネード
バーベナのレモネード
店 名
LA MAISON OFLORE(ラ・メゾン・オフロール)
住 所
511 av. Duluth Est, Montreal, QC
営業時間(夏季)
月曜日~日曜日:午前7時30分~午後7時
営業時間(冬季)
月曜日~日曜日:午前8時~午後6時
ウェブサイト
https://maisonoflore.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/MAISONOFLORE
インスタグラム
https://www.instagram.com/maisonoflore/

本日はおしゃれなプラトー・モンロワイヤル地区の中でも特にレストランの多い通りにあるカフェ&ブランチレストラン「LA MAISON OFLORE(ラ・メゾン・オフロール)」をご紹介しました。

プラトー地区を散策する際にはこちらでランチやゴージャスなワッフルデザートをお楽しみ下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

À très bientôt(また近いうちにお会いしましょう)

筆者

カナダ特派員

NAMI

2003年よりモントリオール在住のフリー観光ガイドです。 ブログ、ツイッター、インスタグラムなどで主にモントリオールの情報を発信しています。 モントリオールより旬な話題をお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。