海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > 電子書籍 > 御朱印 > 御朱印でめぐる江戸・東京の古寺

電子書籍

御朱印でめぐる江戸・東京の古寺

電子版希望小売価格:¥ 1,500
配信開始月:2015年06月
ページ数:約128ページ

御朱印の正しいいただき方を学び、古寺めぐりを通して歴史や文化を知る。まさに「地球の歩き方」ならではの旅の提案。東京編。

御朱印とは―― 平安時代に諸国の霊場を巡礼する時、有り難い経文を浄書写経したのもをお寺に納めて、自分や家族の無事息災を祈願した証しとして、お寺の宝印(朱印)を戴いて巡礼したことが始まり。「納経印」とも言われている。御朱印をいただいた朱印帳は、自分の命が尽きた時、お棺のなかに入れてもらうものです。 巡礼という観光の原点から始まった御朱印。このまさに元祖スタンプラリーである古寺めぐりを通して、お寺の歴史、御朱印の正しいいただき方、そしてその解説と各寺のちょっとしたウンチクネタまで。これこそまさに「地球の歩き方」ならではの旅の提案。名刹寺院に満ち、意外な発見の多いまち歩きが楽しい江戸・東京を取り上げます。
●収録した寺院
寛永寺(根本中堂)、護国寺、増上寺、浅草寺、待乳山聖天、長命寺、池上本門寺、總持寺(西新井大師)、浄真寺(九品仏)、深川不動堂、高岩寺(とげぬき地蔵)、題経寺(柴又帝釈天)、徳大寺、深大寺、霊巌寺、大安楽寺、祐天寺、梅照院(新井薬師)、松月院、雑司ヶ谷鬼子母神、天王寺、南蔵院(しばられ地蔵)、豊川稲荷、妙法寺、清水寺、武蔵国分寺、豪徳寺、大圓寺、品川寺、五百羅漢寺、回向院、傳通院、吉祥寺、塩船観音寺、大悲願寺、薬王院、金剛寺(高幡不動)、明王院(等々力不動)ほか

以下でご購入いただけます

※上記各サイトに遷移後、適切な商品が掲載されない場合がございます。この場合は、各ストアの検索欄に書名を入力・検索いただくと、ご希望の商品が表示される場合があります。

おことわりとお知らせ(必ずお読みください) ※「価格」とは当社が希望する小売価格を示しています。
販売しているサイト(店舗)や日時によって、提示額が異なることがあります。
また店舗独自のバーゲンやポイント等のプロモーションについては当社は一切関与していません。

おすすめの記事