Bordeauxで欠かせない観光地、水の鏡

公開日 : 2015年09月18日
最終更新 :

初めまして。

地球の歩き方特派員として今回より記事を書かせて頂くことになりました野田祥子と申します。

日本で大学卒業後、ワインの勉強をすべく渡仏しました。

これからボルドーを楽しんで頂けるような記事を書いて行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

ボルドーと言えばワイン。

ですが、インターネットでボルドーと画像検索して出てくるのは『Miroir d'eau(通称:水の鏡)』です。

No1-1.JPG

ボルドーの証券取引所、Place de la Bourse(ブルス広場)の向かいにあるこの場所は、

暑い日には水浴びをする人がいっぱいです。

そして水の鏡の周辺には緑が広がり、日光浴をしている人、ピクニックをしている人、

のんびり本を読んでいる人など落ち着いた雰囲気も同時に楽しめます。

もちろん外でワインを飲んでいる人を目にすることも。

昼には昼の顔を、夜には夜の顔を見せてくれる水の鏡。

3,450平方メートルという世界最大の大きさを誇り、今まで数々の観光客を魅了してきました。

毎日10時から22時まで水が張られており、30分ごとに霧が出てきます。

夜、霧が出ている姿は幻想的でボルドーが好きになれること間違いなしです。

(但し、冬の期間は氷結による事故を防ぐため水は止められています。)

そしてこの水の鏡は時間だけでなく、天気によっても違う顔を見せてくれます。

夜の水の鏡、風のない日。

No1-2.JPG

風の強い日。

No1-3.JPG

風のない日は本当に鏡のように建物を反射させてくれていますが、

風のある日は幻想的な雰囲気を出してくれます。

かなり立地の良い場所にあり、背中を向くとガロンヌ川、そして向こう岸とをつなぐ

『Pont de pierre(通称:石の橋)』が望めます。

No1-4.JPG

世界遺産に認定され、

今年『Meilleure destination européenne(ヨーロッパ最高の観光地)』に選ばれたボルドー。

車を一時間走らせれば、山にも海にも行けるボルドー。

この素敵な街に一度足を運んでみて下さい。

Miroir d'eauはトラムC線Place de la Bourse駅下車すぐ

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。