No.216ルーマニア旅行者向け情報1:治安・物価・レストラン・宿

公開日 : 2015年08月17日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

このあたりで、ルーマニアへの旅行者向け情報をまとめておきたいと思います。私の限られたルーマニア体験によっていますので、この限りでない場所もあるでしょうが、何らかの参考になればと思います。

【治安】

基本的に治安はそれほど悪くありません。今回は鉄道などを利用していないので、駅周辺(大抵どんな国も治安が悪いことで知られる地域)へは近づいていませんが、ブカレストの旧市街も、治安の悪さは感じませんでした。

場所によっては、住みついたロマの子供に物やお金をねだられることはありましたが、身の危険を感じることは幸いありませんでした。

野良犬も、以前よりはかなり減ったということです。それでもあちこちで見かけましたから、注意は必要でしょう。

216-1.JPG

ルーマニア人が多く散策するシビウ旧市街

【物価】

基本的に、日本や西欧と比べて物価は低めです。

ブカレストや、避暑地のシナイア、世界遺産に登録されたシギショアラの旧市街内などは、他と比べると物価はかなり高めです。

例えばグーラッシュひとつをとっても、田舎の国道沿いにある割とこぎれいなレストランでなら、9.9RON(300円くらい)のところが、シギショアラの旧市街だと、30RON(900円)近くします。

216-2.JPG

300円のグーラッシュ

刺繍のほどこされた民族衣装を思わせるブラウスは、西部の田舎なら80RON(2400円)からあるのに、修道院の周りの屋台だと120-180RON(3600円~5400円)。シギショアラ旧市街では467RON(14000円!)で売っていて、目を疑いました。

しかも、中にはmade in Indiaと書いてあるものもあり、ハンドメイドの刺繍つき民族衣装とは、違うのでは?と思うものもあります。

216-3.JPG

【レストラン】

おそらくは、娯楽施設というものが、まだ発達していないためと思われますが、レストラン自体がまだまだ少ない国です。地方では、ホテルや、ペンシウネ(民宿のようなもの)に併設されたレストランしかないところも多くあります。

田舎に泊まる際は、宿で食事をするほか、選択肢がない場合もあるので、前もって、調べておいたほうが良いでしょう。

216-4.JPG

ペンシウネの食堂

【宿】

都市にはホテルがありますが、それ以外の地方、また都市でも多いのがペンシウネ。中身はピンからキリまであります。朝ごはんがついているか、ついていなければ、冷蔵庫や電気ケトルを共同で使える場所があったりします。

都市部以外では、4階建てくらいのホテルでは、エレベータのついていないものがほとんど。(外資系のホテルなど、最近建てられた建物は、おそらくエレベータつきと思われます)。できれば、大きな荷物をひとつ持つより、小さな荷物を二つにしたほうが楽でしょう。

今のルーマニア旅行者向け情報、長くなるので一旦ここで切ります。

(冠ゆき)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。