No.179この夏の歴史再現イベントin France+200年前ワーテルローで英国が獲得した意外な権利とは?

公開日 : 2015年06月16日
最終更新 :
筆者 : 冠 ゆき

 ナポレオン最後の戦いワーテルローから、あと2日で200年となります(No.176No.177参照)。

 その2日前、つまり今から丁度200年前の1815年6月16日には、ナポレオンが最後の勝利を収めたリニーの戦い(bataille de Ligny)がありました。場所は今のベルギー、ナミュールの西方。2日後に戦闘の行われたワーテルローより30キロほど南にあたります。

 先週末には、このリニーでも、例年通り、戦闘の再現が行われました。200年ということで、観客は、例年のなんと10倍、15000人近くが集まったそうです。

 その様子は下のヴィデオで見ることができます。

 ヴィデオに写るナポレオンの現代での姿は、パリの弁護士サンソン氏。ここ10年ほど、ほとんどの歴史再現イヴェントで、ナポレオン役を務めているそうです。もちろん、二日後のワーテルローでも活躍します。

 上のヴィデオの中でインタヴューを受ける将軍役の人が、すっかり役になりきって答えているのを聞くと、まるで200年前にタイムトリップしたかのような錯覚を覚えます。それもきっと魅力の一つなのでしょう。この手の「歴史再現イヴェント」に魅了される人は、少なくありません。

 偶然知り合ったロシア人が、実はナポレオン時代の歴史再現イヴェントファンだったこともありました。長年、歴史再現用の衣装作りをしているそうです。

179.jpg

手作りのナポレオン軍兵衣装

 No.176でご案内したように、ワーテルローである戦闘再現イヴェントは、既に満席ですが、この夏は、他にも歴史再現イヴェントが、フランス北部で予定されていますので、下に紹介しておきましょう。

期間:2015年6月27日14時―19時、6月28日10時―18時

住所:Moulin de Marle, 02250 Marle, France

マルル(Marle)は、リールの南東。No.174で紹介したラン(Laon)の丁度真北にあたります。ローカル電車で、ランから20-30分。5.5ユーロの距離です。

期間:2015年7月23-26日

場所:中世歴史センター(Centre Historique Médiéval)

住所:24 rue Charles VI, 62310 Azincourt, France

アザンクールは、リールの南西。直線距離なら80キロメートルくらいでしょうか。こちらで再現予定のアザンクールの戦いは、1415年10月25日のもの。今年は600年を記念するのです。英仏の100年戦争中の戦闘の一つで、英語読みのアジンコートの戦いで頭に入ってる方も多いかもしれません。

こちらは、今から指定の衣装を準備して参加希望の申し込みをすれば、歴史再現員の一人として参加することも可能です。申し込みはこちらから。

 最後に、ちょっと面白いこぼれ話を。

 ワーテルローの戦いの勝利で、英国が獲得した意外な権利はなんでしょう?

 それは、それまでナポレオン軍のトレードマークともなっていた、兵士の衣装の一部の使用権利でした。

 ではその衣装の一部とは?

 何を隠そう、熊の毛皮の帽子です。

 そう、今はもうバッキンガムの近衛兵しか思い出せない、あの帽子です。

 実はあれは、200年前までは、フランス・ナポレオン軍のトレードマークだったというわけです。

(冠ゆき)

筆者

フランス特派員

冠 ゆき

1994年より海外生活。これでに訪れた国は約40ヵ国。フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介しています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。