ウィーンの花壇、どんなお花を植えたい?

公開日 : 2014年06月14日
最終更新 :

シェーンブルン宮殿やベルヴェデーレ宮殿の庭園などをはじめ、ウィーンには1500以上もの花壇があるのだそう。

そして2015年度にどのような色彩の花を植えたいか、ウイーン・ブルーメンベーテ(ウィーン花壇)のサイトで投票することが出来ます!

Heute-blumenwahl-b.jpg

選択は三種類あり、以下から選択可能。

①赤・ライラック系(キンギョソウ、クマツヅラなど)

➁赤・ピンク系(クマツヅラ、ベゴニアなど)

③黄色系(ハルシャギク、サルビアなど)

こういった植物系は、どうも日本には存在しないものが多いらしく、訳しづらいことこの上ないです。

しかも訳しても「・・・?」なものが多いんですよね。

もし詳細が知りたければ、下のオフィシャルウェブサイトでどんなお花なのか見てみて下さい!

http://www.wiener-blumenbeete.at/

ちなみに現段階では、

①859票、➁175票、③868票

となっており、①と③が接戦のようです。

さて、来年のウィーンはどのようなカラースキームでお出迎えしてくれるのでしょうか!?

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。