とろけるハンドメイド・チョコレートをウィーンより

公開日 : 2010年11月23日
最終更新 :

ウィーンに移住して気付いたのですが、オーストリアは美味しいチョコレートの宝庫!

日本だと、スーパーマーケットで販売されているような廉価なチョコレートか、百貨店や路面店で一箱3~5千円程度で買える、いわゆる高級チョコレートにその大半が分類されるかと思います。

廉価なものは、口当たりが良くて食べやすいけれど、カカオの風味がほとんどない!

高級チョコレートはとっても濃厚だけれど、甘過ぎるし、だいいち高い!

そんなチョコレート好きの方に。

ここオーストリアでは、少し出せば、口当たりが良く、フレーバーにこだわりと工夫があり、

濃厚すぎず軽すぎない、ハンドメイドの美味しいチョコレートがわんさか見付かります!

-----------------------------------------------------------------------------------

ヴァッハウチョコ-a.jpg

それはこちら。

チョコレート棚空港-b.jpg

全てオーストリア製のオーガニック・チョコレートであり、基準に則った製法で作られていることに拘りと誇りを持ったプロダクトです。

フレーバーも珍しいものがいっぱい!

ざっと見ただけでも、「ローズとバジリコ」、「ローズとグレープフルーツ」、「チリ(トウガラシ)と鳥の目」、「白いケシの実、シナモンとアンズの火酒風味」、「ウォールナッツとマジパン」、「スイートオレンジ」等など・・・・・・。

数え上げたらきりがないほど、多くの垂涎ものフレーバーが揃っています。

中にはこんな面白いものも。

Dankeshoko-a.jpg

左: "Danke"(ありがとう)というメッセージ付きのチョコレート。

日頃からのお礼をいいたいお母様や会社の同僚の皆さんにもってこいのお土産です。

右: "Trinkschokolade"(ドリンクチョコレート)の生姜味。温かいミルクにとかして頂きます。

そして、今回著者が購入したのがこちら。

Rose und Basilikum-a.jpg

左: "Rose und Basilikum"(ローズとバジリコ)風味のダークチョコレート。

右: "Alles Liebe"(アレス・リーベ)というメッセージ付きのココナッツ・チョコレート。

中にはココナッツとラズベリーの詰め物が。因みに"Alles Liebe"とは"Alles Gute"(=All the best/ご機嫌よう、万事うまくいきますように!)と近い意味ですが、もっと親しみを込めて家族や友人間で使われるフレーズだそうです。Liebe(愛)という言葉の性質上、男性間ではあまり用いられない様子。

気になるお味の方は、程良い甘さに、独特の風味(この場合はココナッツ&ラズベリー、ローズ&バジリコ)がはじけ、とろ~りと舌の上でとろける食感。

こんなに完璧な美味しさで、お値段はたったの3.19ユーロとは信じられません!

高級手作りチョコレートなのに、高くない!

高級手作りチョコレートでありながら、濃厚過ぎない、甘過ぎない!

ウィーンにいらっしゃるならぜひ試して欲しい、著者一押しのお勧めチョコレートです。

このZotterチョコレートが購入できるのは、

 ・ウィーン1区の高級デリカテッセン・スーパーマーケット、Julius Meinl(ユリウス・マインル)内

 ・ワイン専門店のWein & Co.(ヴァイン・ウント・コー)ショップ内

 ・ウィーン・シュヴェヒャート国際空港、ゲートのショップ内

 ・ウィーン各区にあるオーガニック食品・生活用品専門店、Biomarkt(ビオ・マルクト)

等など。

フレーバーがわんさとあるので、どれにしようか間違いなく迷ってしまいますが、ぜひご自分好みの一枚を見つけて帰って下さいね!

----------------------------------------------------------------

デコバナー芥子の実チョコ-a.gif

この情報を気に入って頂けたら、左の「白いケシの実チョコレート」クリックにご協力お願いします!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。