ナショナルモニュメント選定!フラトンホテルでシンガポールの歴史を満喫

公開日 : 2016年02月05日
最終更新 :

国としての歴史はまだ日が浅いものの、マラヤ連邦の一部として、また交通の要衝として古くから栄えたシンガポール。近代的な建物の中に、そこここに残るクラッシックな建物も、その魅力のひとつ。建国50周年を迎えた去年12月に、ナショナルモニュメント(シンガポールの歴史的建造物)として認定された、フラトンホテルをご紹介します。

th_IMG_6792.jpg

竣工はシンガポール建国から40年近く昔の1928年。4年の歳月をかけ、シンガポール中央郵便局として建てられた建物です。

中でも、ネオ・クラッシック様式の美しいファサードは、建造時のままの姿を保っています。

th_IMG_6796.jpg

ホテルの顔である、メインロビーからの景色。

th_IMG_7007.jpg

まず訪れたいのが、ザ・フラントン・ヘリテージギャラリー。

th_IMG_7037.jpg

フラトンホテルの前身の郵便局の建物の写真や古地図、そしてシンガポールで最も古いポスト3つのうちの2つがこのホテルにあります。ちなみに、この2つはいずれもポストとして現役。一日一回、午後5時に回収され、「フラトンホテル」と名前が入った特別な消印が押されて届きます。

インターネットでリアルタイムでつながる現代ですが、旅の思い出に、こんなクラッシックなポストから手紙を送ってみるのも楽しいかも。

th_IMG_7024.jpg

写真だけでなく、当時の郵便局で使われていた、手紙などの重さを計るはかりなども置かれていました。

ちょうど旧正月前ということで、ホテルのケーキブティックの前には、「ハンパー」と呼ばれるお歳暮のようなセットが色々と並んでいました。中華圏で縁起が良いと言われているパイナップルタルトなどが人気です。

th_IMG_7014.jpg
th_IMG_7013.jpg

そして、お土産として人気なのがこのマスコットキャラクターでもある、フラトンベア。中華系のお祝いということで、中国風のコスチュームを着たカップルベアが売られていました。

th_IMG_7015.jpg

奥にあるホテルショップにはクラッシックな郵便局員の格好をしたものから、ホテルのベルボーイ風、かつてはここが船着き場だったことから、船長風、現代のスパでリラックスするベアまで。

th_IMG_7019.jpg

そして、何よりもシンガポールらしいのは、様々な国籍のウェディングベア。

先ほどの中国風のほか、西洋風、プラナカン風、インド風のコスチュームのベアが揃っています。カップルで遊びに来た方は、いい記念になりそう。プレゼントにもよさそうですね。

th_IMG_7017.jpg

また、ショップの後ろにあるスペースでは、ナショナルモニュメント選定を祝う展示が、2月末までの期間限定で行われています。

th_IMG_7082-0.jpg

当時はまだマリーナベイサンズなどで知られるマリーナエリアは存在せず、目の前は遥か彼方まで見渡せる海。前身の郵便局は、300フィートもある長いカウンターを持つ場所として知られていました。

th_IMG_7084.jpg

今はその場所は、ちょうど「ポスト・バー」と呼ばれるバーに。バーカウンターが、当時の郵便局のカウンターと同じように並んでいて、当時の様子を思い浮かべながらグラスを傾けるのも素敵です。

th_IMG_7086.jpg

オールデイダイニング、タウンレストランは、朝食の会場でもあります。

th_IMG_7074-0.jpg

チャイニーズレストランのJadeは、総料理長 Leong Chee Yeng シェフによる豪華な中華が楽しめる店。

th_IMG_7075-0.jpg

Yengシェフの才能は料理のみにとどまらず、自ら料理に合わせた陶器を自作して、特別なコースを提供するなど、目でも舌でも楽しめる料理を提供しています。

アフタヌーンティーやビュッフェで人気のコートヤードは、ロビーフロアにありながらも、どこか落ち着いたクラッシックな雰囲気があり人気です。

th_The Courtyard - The Fullerton Hotel Singapore.jpg

ルーフトップのレストラン・バー、ライトハウス。

th_IMG_7042.jpg

実際に1978年まで灯台として使われていました。屋内のレストランの上には、屋根付き屋外席のさらに上にバーがあります。

th_IMG_7043.jpg

マリーナベイサンズのみならず、最近オープンした、元市役所の建物を活用したナショナルギャラリーなど、素晴らしい眺望を楽しめます。

そして、ここからは宿泊者のみが入れるエリア。

インフィニティプールは川とつながっているような作りになっていて、今回歴史的建造物に選ばれたホテルの建物と、1870年建造、シンガポールに当時のまま現存する最古の橋、カヴェナ橋を眺めることができること。また、F1レースの開催時には、まさに目の前、目の高さにF1コースを望む、絶好のロケーションです。

最近新しくなったばかりのスパは、アロマテラピーがテーマ。イギリスのアロマテラピー・アソシエイツの会長が自ら調合したオイルは、パラベンまで不使用、自然素材にこだわっています。渋い緑色を基調にしたインテリア、シングル4室、カップルルーム2室があり、落ち着いた空間の中、マッサージが受けられます。

th_IMG_7067.jpg

スパの横には落ち着いた雰囲気のジムもありました。

th_IMG_7064.jpg

部屋数は400、中でも部屋ごとに様々な趣向を凝らしたスイートは、タイムスリップしたかのような、豪奢な気分を味わえること間違いなし。(写真はPresidential Suite)

Presidential Suite - The Fullerton Hotel Singapore.jpg

28室あるスイートの宿泊者だけが使えるクラブラウンジ「The Straits Club」には、釘を使わず、熟練の職人技で仕上げられた本物のプラナカンのアンティーク家具が並び、シンガポールの記憶を未来にとどめたいと建国当時の景色をアーティストが描いた、シンガポールをテーマにした絵も飾られています。

th_IMG_7052.jpg
th_IMG_7050.jpg

ちょうど旧正月の時期ということで、伝統的なランタンがあちらこちらにかけられているのも、エキゾチックな魅力を醸し出しています。

さて、宿泊者のみのエリアを出て、地下の通路へ。歴史を感じるもう一つのおすすめの場所は、地下道で直結している系列のホテル、フラトンベイホテル「クリフォードピア」でのアフタヌーンティー。

th_IMG_7096.jpg

このクリフォードピアは、Pier(波止場)という名の通り、海を渡ってやってきた人たちがまずやってくる入国管理所だった建物。当時の建物の姿はそのままに、内側だけをリノベーション。開放感のあるこの場所で、歴史に思いを馳せながら、特別なアフタヌーンティーがいただけるのです。

そのアフタヌーンティーを生み出しているのが、建国の父、リーカンユーを叔父に持つ、料理研究家のシャーメイ・リーさん。シャーメイさんの祖母、つまりリークアンユーの母のレシピを受け継いだ料理の本を出版している著名人。そんなシャーメイさんが生み出した、特別なアフタヌーンティーを楽しめます。

歴史的な建造物の中で楽しむアフタヌーンティーについて、詳しくはこちらのサイトをご覧ください→ ラグジュアリーな歴史遺産の中で楽しむ「ヘリテージアフタヌーンティー」

シャーメイ・リーさんの出しているチリソースは、お土産で買うこともできます→シンガポール土産リー・クアンユー母の秘伝のレシピ「チリソース」

プラナカン料理を再解釈して、英国伝統のアフタヌーンティーに仕立てたアフタヌーンティー。伝統が生きた味わいを楽しむことができますよ!

シンガポール川に面し、歴史とくつろぎを感じるゆったりとしたたたずまいながら、マーライオンやラッフルズ像は徒歩圏にあるなど、周りには観光名所もいっぱい。MRTの駅も近くてどこに行くのも便利。歴史と絶好のロケーションを楽しみたいという方、ぜひ訪れてみてくださいね!

th_IMG_6788.jpg

<DATA>

■ フラトンホテル(Fullerton Hotel)

住所:1 Fullerton Square, Singapore 049178

電話: +65 6733 8388

アクセス:MRTラッフルズプレイス駅徒歩6分

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。