No.291フランスで2月、クレープを食べる理由(わけ)

公開日 : 2016年02月02日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

今日2月2日は、No.83に書いたように、フランスではChandeleur(聖燭祭)と言い、クレープを食べる日です。

146-5.JPG

Creperie Tedのクレープ

フランスでクレープを食べるのは、このシャンドラーの日と、マルディ・グラです。。

シャンドラーは、イエズスの生誕(クリスマス)から数えて40日後ということで、毎年2月2日と決まっていますが、マルディ・グラは、復活祭から逆算するので、毎年違う日にちになります。(ただし、毎年火曜日です)(マルディグラについては、No.94、また2月の宗教行事に関しては、こちらの記事をどうぞ)。

今年のマルディ・グラは2月9日。丁度シャンドラーの一週間後です。

マルディ・グラは、直訳すると「脂っこい火曜日」。この日までの7日間が、カーニバルたけなわとなる期間です。ポーランドでは、マルディ・グラの前の週の木曜日をT?usty czwartek(トゥースティ・チュヴァルテック)、直訳すると「脂っこい木曜日」と呼びます。ポーランドでは、クレープではなく、ポーランド代表の揚げ菓子p?czek(ポンチェック)を食べる日です。

291-1.JPG

ポーランドのP?czki(ポンチキ)(ポンチェックの複数がポンチキ)

国は違っても、小麦粉と砂糖と卵と油脂をたっぷり使ったお菓子という点は共通していますね。

我が家も今月はクレープを何度か食べることになりそうです。(食事用のクレープについては、Creperie Ted紹介の記事をご覧ください)

みなさんもいかがですか。

(冠ゆき)

フランス旅行者、在住者の役に立ちそうなニュース(スト情報など)はtwitterで流しています。良ければそちらもチェックしてください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。