母親の遊び心と愛情がとんでもなく溢れる!皇室御用達デメル特注の驚愕バースデーケーキ

公開日 : 2017年01月30日
最終更新 :

昨年末のこと、幼稚園に通う息子がお友達Mくんのお誕生日会に誘われたので、家族で参加してきました。

訪問先は小さいながらも温かな雰囲気の漂った住居で、父親がアーティストというだけあり、かなり凝ったインテリア。

加えて季節的なこともあり、クリスマス情緒までたっぷりと堪能することができました。

M-Geburtstag-singen-600.JPG

そんな芸術的センスに満ち溢れたお家の中でも、私が驚きを禁じ得なかったのがこちら。

Mくんのためにお母さんが特別に製作した巨大なバースデーケーキです!

Demeltorte-Thomas-600.JPG

一つ目はMくんお気に入りの"機関車トーマス"がデザインされたもの。

糖衣で丹念にトーマスの顔が再現され、下部にはきちんと車輪までついています。

3歳のお誕生日ということで、立っているロウソクは三本。

Demeltorte-Thomas-Schiene-600-003ges.JPG

度肝を抜かれたのはこちらの二つ目のケーキ。

糖衣で作られた線路の上を、なんと機関車トーマスが走っています!!!

他のお誕生日会でウィーン名物のザッハトルテが振舞われたことはありましたが、ウェディングケーキならまだしも、子供のお誕生日ケーキにここまで凝っている家庭はオーストリアでもなかなか目にしません。

思わずどこでオーダーしたのかお母さんに尋ねてみたところ・・・

「私デメルで働いているの。このケーキは私のチームが作ったのよ」

!!!!!

そうでしたか、この恐るべき完成度の高さは皇室御用達の匠の技でしたか。大いに納得です。

それにしても齢たった3歳の息子のお誕生日に、ハプスブルク皇帝が舌鼓を打った老舗パティスリーのケーキが用意されていたとは。しかも母親の話によると、Mくんのバースデー当日にも幼稚園のクラスにデメルのデコラティブなケーキを差し入れしていたとのこと。

どうりで最近うちの息子の舌が肥えてきたわけです。

このままいくと、息子も味覚だけは皇帝レベルになってしまうのではないかと、一抹の不安が頭をよぎります。

M und Torte-600.JPG

参加者全員でバースデーソング歌唱ののち、ロウソクの火を吹き消すMくん。

あどけない表情が可愛い・・・。

Thomas-topfentorte-600.JPG

思わずケーキカットをためらいそうになる出来ですが、お母さんは手慣れた様子でサクサクと切り分けていきます。

一つ目はトプフェン(未熟性の白チーズ)とイチゴ味。

Thomas-schokotorte-einstueck-600.JPG

二つ目はこっくりとしたチョコレートケーキ。

デメルの代表作の一つであるアンナトルテと似たような味と食感ですが、ヌガーが使用されていないのと、下に敷かれた素材が違うとのこと。

私も色々な国のスイーツを散々食べ歩きましたが、このケーキが人生で一番美味だったかも・・・。

Kekse-600.JPG

クリスマス時期の定番、クッキーのデコレーション遊びも用意されていました。

Kekseziehren-alle-600.JPG

こちらも皇室御用達のお品でしょうか?

普通に売られているレプクーヘン(ジンジャークッキー)よりも格段に高級で美味しそうに見えますし、アイシングもいかにも手作りで本格的です!

Esel-579.JPG

お父さんがペルー人ということで、パーティーの締めにはピニャータも行われました。

ピニャータとは、中南米の子供のお祭りに登場する紙製のくす玉のこと。

大抵は動物の形をしており、棒で叩いたり付属の紐を引っ張ると、中に詰められたお菓子が溢れ出てきます。

みんなで寄ってたかって大盛況!

今回はお国柄が出ていてとても楽しいお誕生日会でした。

またおもしろそうなイベントがあれば、リポートしますね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。