フランスでのバレンタイン

公開日 : 2017年02月24日
最終更新 :

少し遅くなりましたが、フランスでのバレンタイン情報を今回はお伝えしようと思います。

日本では女性から男性にチョコレートを送るバレンタインですが、フランスでは全く異なります。

バレンタインというより、日本でいうクリスマスをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

フランスでは男性が女性をレストランに招待し、プレゼントを渡すのが主流。

IMG_6705.JPG

プレゼントはお花やチョコレートなどが多いそうです。

IMG_7681.JPG

ですが最近、アンチバレンタインの人もたくさんいます。

アンチの理由は「商業的になりすぎているから」とのこと。

それでもレストランでは何か月も前から予約でいっぱいになり、さらにバレンタインメニューなんかも登場します。

レストランでは高いコース料理のみになり、バレンタイン商戦が至る所で始まります。

本当に日本でいうクリスマスと同じような感じです。

ちなみにですが、私は家で軽いパーティをしました。

IMG_7940.JPG

美味しいシャンパーニュを開けて、最後に日本らしくチョコレートを。

日本のように気軽なイベントではないのが、アンチが増えている理由なのかなと思います。

そして男性にかかる負担がものすごく多い、というフランスのバレンタインでした。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。