【潜入レポート】カフェオーナーの舞踏会に参加してきました <前篇>

公開日 : 2017年03月27日
最終更新 :
Kafeesiederball-tkt-500.JPG

先月17日、ウィーンのホフブルク王宮で開催された"カフェオーナーたちの舞踏会"に参加してきました!

というのも、こちらの舞踏会のチケットとテーブル席をプレゼントされたんですよね。

Ball-dancefloor-500.JPG

この舞踏会は、世界からも注目されるウィーンオペラ座の舞踏会やウィーンフィルハーモニー主催のものなどと比べると知名度で劣るものの、王宮が舞台の華やかかつ大規模な舞踏会として、ウィーンっ子たちの中では大変人気のある舞踏会のひとつです。

Debutant-500.jpg

©Christian Husar

オープニングセレモニーは夜の9時スタート。

こちらはデビュタントたちのワルツですが、カフェオーナーたち主催の舞踏会だけあり、コーヒーカップを手に持ったまま踊っています。

ところどころで、コーヒーカップをスプーンでかき回す振り付けも入るなど、ユーモアたっぷり。

Kaffeesiederball-vortrag-500.jpg

©Christian Husar

会長の挨拶も、もちろんウィンナーコーヒーを一口いただいてから(笑)

HilaFahima-500.jpg

©Gerhard Fally

この宵の歌姫は、イスラエル出身のオペラ歌手のヒラ・ファヒマ。

彼女は2013秋よりウィーン国立オペラ座で活躍する29歳の若手歌手なのですが、その見た目の美しさと歌声の両方で観客たちを圧倒していました。

Kaffeesiederball-pinkraum-500.JPG

オープニングセレモニーが終わると、各々ダンスに興じたり、王宮内にある多くの会場を巡ったりして、思い思いの時を過ごせるのがが楽しみのひとつ。知人とばったり遭遇する可能性もかなり高く、私や夫も友人・同僚たちに至る所で出会いましたし、たまたま同じテーブルについたカップルとも愉快なトークを愉しむことができました。

舞踏会と言うと、日本人としては「踊らなきゃ・・・」とダンスにフォーカスしがちですが、実際は踊るだけではなく社交の場の意味合いが強いんですよね。ということで、舞踏会を満喫するにはダンス同様、周りとの交流が欠かせません。

Ball-Nusstorte-gerstner-600.JPG

上写真は、そんな中でいただいたケーキとコーヒー。(ケータリングは皇室御用達のゲルストナー)

こちらのケーキはオーストリアでも好んで食べられる伝統的なもののひとつ、クルミのケーキで、

中にはサワーチェリーのマーマレードとマジパンが練り込まれているなど、日本ではなかなか味わえないフレーバーです。

コーヒーはもちろんウィンナーコーヒー代表であるメランジェ!

少々長くなりそうですので、中篇・後篇へと続きます!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。