皇室御用達デメルのウェディングケーキ

公開日 : 2017年06月07日
最終更新 :

六月は季節柄もよく、オーストリアでも結婚式を挙げる人が多くなるシーズン。

ということで、皇室御用達系をはじめとするウィーンの錚々たるコンディトライ(パティスリー)も、こぞって美しいウェディングケーキをお店のショーウィンドウに飾り立てています。

Demel-fensterauslage-vertikal-500.JPG

こちらは中でも取り分け美しいデメルの作品群。

今年はアイボリーとパステルピンクを基調とした色彩で統一されており、エレガントな中にもガーリーらしさがほどよく取り入れられいるのが見て取れます。

デメルでパティシエチームを率いるママ友の話によると、この春はもっともウェディングケーキのオーダーが殺到する時期で、お値段はおおよそ数千ユーロから(数十万円~)とのこと。もちろんケーキの大きさやデザインなどにも左右されますが、最近入った一番高額なオーダーは2万ユーロ(約250万円)だったのだそう。もっともこの金額は材料だけではなく、パティシエチームの手作業やデザインなどに費やされる時間から主に割り出されているようです。

そしてこれらの高額ウェディングケーキをオーダーするクライアントは、ウィーン中心街の超高級ペントハウスの所有者同様、その大部分がロシア人の大富豪となっています。

Demel-arbeitstisch-600.JPG

過去のウェディングケーキ記事はこちらをどうぞ。

(※以前はドイツ語の発音に合わせて"デーメル"と表記していましたが、現在はデメル・ジャパンの表記に合わせて"デメル"に統一してあります)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。