ウィーン・ライフボール(命の舞踏会)2017の美しすぎるスポンサー広告たち

公開日 : 2017年07月18日
最終更新 :
LCC-2017-6U6C1369-500.jpg

(c) Life Ball / Christoph Leder

クリムトに代表される、絢爛豪華で退廃的なウィーンの世紀末芸術"ゼセッション"をテーマに一世を風靡した、2015年のウィーン・命の舞踏会ことライフボール。(関連記事「限りなく豪華で退廃的!黄金のクリムト芸術がテーマの舞踏会がすごすぎる」)昨年は残念ながら開催されませんでしたが、今年はまたカムバックして、その艶やかな舞台でウィーン中を沸かせていました。

今回は、その中でも際立ったゴージャスなスポンサー広告を皆様にお見せしていきますね。

AST136-moet-chandon-2-500.jpg

(c) Life Ball / Roy Mäder

シャンパン風呂!?モエ・シャンドンのバスタブ広告。

MRO00360-heineken-klein-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

MRO00362-heineken-up-2-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

ハイネケンの衣装で登場したカップル。

ブランドカラーであるグリーン・レッド・シルバーと星印で存分にアピールしています。

MRO00379-hilton-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

モダンアートを感じさせるヒルトンホテルの広告。

MRO00380-tmobile-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

移動体通信会社のティーモバイルはコーポレートカラーのピンクで、会場のウィーン市庁舎向かいにあるブルク劇場を美しくライトアップしていました。この間にゲストたちのリムジンが停車するため、テレビ中継等でも抜群の広告効果を発揮していました。

MRO00543-stroeck-1-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

MRO00545-stroeck-2-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

MRO00546-stroeck-3-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

こちらはケータリングサービスを担当したオーストリアのベーカリー、シュトレックのポップアップコーナー。やはりコーポレートカラーのイエローを中心に、ポップで遊び心溢れる演出が見て取れます。

MRO00393-redbull-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

オーストリア発祥のお洒落なエナジードリンク、レッドブルのチャーターバスで到着したスペシャルゲストたち。

MRO00595-casino-austria-500.JPG

© LIfeBall | Maximilian Röder & Sergiu Andrés | www.onyx-group.at

最後はウィーンのケルントナー通りやウィーン郊外の高級保養地などにも店舗を構えるカジノ・オーストリア。

いずれ劣らぬ贅沢で煌びやかなスポンサー広告ばかりでしたね!

皆さんのお気に入りはどれですか?

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。