子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"

公開日 : 2017年12月21日
最終更新 :

せっかくオーストリアまで旅行に来たけれど、子連れなのでオペラ鑑賞にはどうしても二の足を踏んでしまう・・・。そんな方にお知らせしたいのが、子供向けのオペラ「ピノッキオ」。

pinocchio_JohannesIfkovits-1000.jpg

こちらはオペラ座の一つであるフォルクスオーパー(ウィーン国立オペラ座ではない)で現在公演されているもので、子供向けオペラの中ではもっともサクセスフルとも言われる大人気の演目です。

イタリア人の作曲家ピエランジェロ・ヴァルティノーリによって、2001年に開催されたヴィチェンツァ子供オペラ祭のために書かれたもので、オーストリアでは今回が初公演。

ドイツ語による上演かつ、各座席にある翻訳表示が英語なので、内容を理解しようとすると少々難しいかもしれませんが、絵本の題材でもありますので、通常のオペラよりも子供たちにとってハードルが下がるのではないでしょうか。

この年始年末に上演されるのは僅かあと2回(12月26日と1月2日)となっており、それを逃すと次回は4月まで公演されないようですので、気になっている方はどうぞお見逃しなく!

Volksoper Wien/ウィーン フォルクスオーパー

住所:Währinger Straße 78, 1090 Wien

最寄駅:地下鉄6番線、トラム40, 41, 42、バス 40A いずれもWähringer Straße/Volksoper駅下車

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。