準備が大変、イースター

公開日 : 2018年03月25日
最終更新 :

イースターの季節がやってきました。

街に出かけたら、きれいなチューリップが大量に売られていて嬉しくなりました。

tulppaani

今日はパルムスンヌンタイ(Palmusunnuntai)でした。日本語では「聖枝祭」というそうです。

今年の暦では3月25日。宗教的な意味はさておき、この日はイースター週間において子供たちにとっては一番楽しい日です。

スーパーマーケットはどこも卵型のチョコレートでいっぱい。買い物に行く度に誘惑に打ち勝つのが大変です。

このチョコレートエッグはフィンランドを代表するお菓子メーカーFazer社が1896年から製造しているものです。今でも手作業で作られています。この卵の殻、なんと本物なんですよ。

DSC_0797.jpg

数週間前から横目で見ては通り過ぎていましたが、とうとう私も買って帰ってきました。それもこんなにたくさん!

DSC_0793.jpg

とは言っても、自分で食べるためではありません。

どんな行事でも「準備」の方が大変ですよね。

まずはネコヤナギを探しに行きます。寒い年はなかなか見つかりません。今年も雪の中からやっと見つけました。その枝を数本切ってきます。

DSC_0779.jpg
DSC_0782.jpg

ここからは工作の時間です。

小学校の運動会や行事の時によく使った「お花紙」のような薄い紙で花を作り、鳥の羽に見立てた飾りと一緒に枝につけます。卵の飾りも付けました。

こんな感じに出来上がりました。何本も作るので数時間の作業です。

DSC_0810.jpg

これを持って近所を回ります。枝を一本持って、玄関先でおまじないの言葉を唱えます。

Virvon varvon vitsallani

tuoreeks terveeks tulevaks vuodeks

vitsa sulle palkka mulle

ヴィルボン バルボン ヴィッツァラニ・・・・・

おまじないの言葉はいろいろあって、地域によっても違うようですが、その家の人の健康や幸福を願う詩です。

そして・・・・・・・・・ご褒美のチョコレートをもらいます。

IMG_20180325_132827_resized_20180325_035357708.jpg

子供たちはネコヤナギの枝とご褒美に頂くお菓子を入れる「かご」を忘れずに持って出かけます。ご近所を一周して戻ってくると、毎年かごはお菓子でいっぱい。

このように、我が家にも子供たちが訪ねてくるのでチョコレートエッグを準備して待っているわけです。

lampaat

先日、近くの羊牧場で子羊がたくさん生まれたというので、見に行ってきました。かわいい羊たちと触れ合って、癒されました。羊牧場の一角には羊毛や羊肉も販売しており、列ができていました。最近はこの辺りでもイースターの食卓には羊の料理が人気です。

3月30日(金)から4月2日(月)はイースター休暇です。飲食店や商店は営業時間が変わったり、休みになるなど変更があるので確認が必要です。

また、前回の記事でもお伝えしましたが、夏時間が始まっています。日本との時差は6時間です。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。