"渚の駅"たてやまの新コンテンツ!「VR SEA & SKY TOUR TATEYAMA 360」(千葉県館山市)

公開日 : 2018年05月03日
最終更新 :

こんにちは。

房総特派員の、さくらパパこと嶋津彰一です。

今日は、房総ワンワン特派員のさくらと寅次郎と一緒に、千葉県館山市にある"渚の駅"たてやまの「渚の博物館」に誕生した新コンテンツを紹介します。

H300501nagisanoeki01.jpg

さかなクンギャラリーなどで人気の「渚の博物館」のある"渚の駅"たてやま

H300501nagisanoeki02.JPG

"渚の駅"たてやま内には、「渚の博物館」「館山なぎさ食堂」「海辺のマルシェたてやま(物販施設)」などがあります。

また、桟橋形式として日本一の長さを誇る「館山夕日桟橋」が隣接しています。

住所は、千葉県館山市1564-1

H300501nagisanoeki03.JPG

「渚の博物館」の壁には、さかなクンによる巨大な壁画が、新たに1枚加わりました。

H300501nagisanoeki04.JPG

そしてこの4月に、「渚の博物館」の新コンテンツとして加わったのが、「VR SEA & SKY TOUR TATEYAMA 360」

ゴーグルを装着して、まるでそこにいるかのような体験をすることができる、VR(バーチャルリアリティー)体験コーナーです。

H300501nagisanoeki05.JPG

「VR SEA & SKY TOUR TATEYAMA 360」コーナー

H300501nagisanoeki06.JPG

「VR SEA & SKY TOUR TATEYAMA 360」では、「空から館山を眺めてみよう!」「伊戸(いと)のシャークスクランブル」「坂田(ばんだ)北限域のサンゴ」「VR水族館」の4つのストーリーを体験することができます。

「伊戸のシャークスクランブル」は、サメが回遊しており、大量のサメに周りを囲まれて一緒に潜ることができるダイビングスポット、「坂田 北限域のサンゴ」は、サンゴの生息域としては北限といわれているダイビングスポットです。

H300501nagisanoeki07.JPG

体験時間は、10分以内

体験料金は、一般(中学生以上)200円、小学生100円となっています。

H300501nagisanoeki08.JPG

「渚の博物館」の名誉館長を務めている、さかなクンのギャラリーも相変わらずの人気です。

H300501nagisanoeki09.JPG

「さかなクンギャラリー」

H300501nagisanoeki10.JPG

「さかなクンギャラリー」

H300501nagisanoeki11.JPG

館山湾に生息している生き物を展示している、「海辺の広場」

H300501nagisanoeki12.JPG

「海辺の広場」

H300501nagisanoeki13.JPG

「海辺の広場」

H300501nagisanoeki14.JPG

"渚の駅"たてやまでは、レンタサイクルも行っています。

サイクルは、さかなクンをイメージしたハコフグ仕様。

H300501nagisanoeki15.JPG

さかなクングッズなどのおみやげ品も、ますます充実のラインナップ。

さあ、新コンテンツが充実して、ますます楽しくなった"渚の駅"たてやまに行ってみましょう!

みなとオアシス"渚の駅"たてやまについての詳細は、こちらをご覧ください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。