今年もオペラフェスティバル始まりました!

公開日 : 2018年07月08日
最終更新 :

今年もサヴォンリンナオペラフェスティバル始まりました!

2018年は7月6日から8月4日まで開催です。普段は静かなこの町もこの時期は賑やか、ホテルも満室、レストランも夜遅くまで営業・・・・

舞台は15世紀に建てられたオラヴィ城の中庭。

IMG_20180706_184015_resized_20180707_013440853.jpg

7月6日、私もオペラ鑑賞に出かけてきました。

天気予報で心配された雨も上がり、お城への通りはオペラへ向かう人々の列です。

IMG_20180706_183725_resized_20180707_013439420.jpg

オラヴィ城へ渡る橋の手前でチケット確認と安全検査です。

初日のこの日はチャイコフスキーの「スペードの女王」でした。2260席ある観客席はほぼいっぱい。

開演は19時。

Patarouva_Soila_Puurtinen_1.jpg

チャイコフスキー「スペードの女王」(2018年サヴォンリンナオペラフェスティバル)の一場面 画像提供:Soile Puurtinen/Savonlinna opera festival

さて、やはり気になるのはお値段です。オペラのチケットっていくらくらいするのでしょう?

オペラ・・・・高いイメージがありますよね。

例えば、今年の場合、演目と座席によって、85ユーロ~280ユーロ。(約10000円~32000円)

もう一つ迷うのは「何着ていけばいい?」という点ですよね。

サヴォンリンナのオペラフェスティバルでは厳しい服装規定はありません。

普段着に近い人からドレスの人までが混ざっています。

毎年楽しみにしている地元の人や、来てみたら偶然空席があったから、という軽装の旅行者の方もいたりします。

Patarouva_Soila_puurtinen_5.jpg

チャイコフスキー「スペードの女王」(2018年サヴォンリンナオペラフェスティバル)の一場面 画像提供:Soile Puurtinen/Savonlinna opera festival

一回の休憩をはさみ、終了したのは22時30分ごろでした。帰りも橋を渡るまでは少しずつ進む長い列、観客席を立ってから15分ほどかけて橋を渡ります。白夜なので夜11時近くですが、日の入り直後の美しい空がオペラの余韻を楽しませてくれました。

01IMG_20180706_224802_resized_20180707_013444715.jpg

オペラフェスティバル期間中、チャイコフスキー「スペードの女王」、グノー「ファウスト」、プッチーニ「マダムバタフライ」、ヴェルディ「オテロ」、そして客演公演としてイタリア・プッチーニ音楽祭(Festival Puccini)による「トゥーランドット」と「トスカ」が予定されています。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。