創業大正8年!今も当時の手法で伝統の味を守る「館山 中村屋」(千葉県館山市)

公開日 : 2018年07月10日
最終更新 :

こんにちは、房総・千葉特派員のさくらパパこと、嶋津彰一です。

今日は、千葉県館山市にある、100年以上も伝統の味をを守り続けているパン屋「館山 中村屋」を紹介します。

H300702nakamuraya01.jpg

店の場所は、JR館山駅東口ロータリーのすぐそば。

住所は、千葉県館山市北条1882 です。

H300702nakamuraya02.jpg

その歴史は、明治35年、本郷東大前にあった「中村屋」に従業員として勤めていた長束実氏が、大旦那・相馬愛蔵氏が新宿に出店し後の「新宿 中村屋」を開業したことに伴い本郷の店を任され、後に大正8年、千葉県館山市に移転し「館山 中村屋」と名乗ったことに始まります。

「館山 中村屋」は、よくある「新宿 中村屋」の系列店ではありません。

「中村屋」から、全国で唯一のれん分けをしていただいた、いわば兄弟店のようなものです。

クリームパン、ピーナッツバター、ロシアンケーキなど、創業からの伝統の味は、現在でも人気です。

H300702nakamuraya03.jpg

店の1階部分は、パン屋。

2階部分は、どこか懐かしい昭和の時代を感じさせるような、喫茶店となっています。

H300702nakamuraya04.jpg

喫茶メニュー。

H300702nakamuraya05.jpg

創業からの伝統の味、スープカリ。

H300702nakamuraya06.jpg

スープカリ

H300702nakamuraya07.jpg

こちらは、ハンバーグフレンチ。

H300702nakamuraya08.jpg

ハンバーグフレンチ

H300702nakamuraya09.jpg

しばしばマスコミに取り上げられますが、こちらは、日本経済新聞がロシアンケーキを題材とした新聞記事。

H300702nakamuraya10.jpg

房総ワンワン特派員の、さくらと寅次郎もオススメするよ。

 (^O^)(^O^)

「館山 中村屋」の詳細については、こちらをご覧ください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。