ストラスブール恒例見本市 FOIRE EUROPEEN

公開日 : 2018年09月23日
最終更新 :
筆者 : Coquelicot

皆さんこんにちは。フランス、アルザス地方在住のCoquelicotです。

今回は毎年9月にストラスブールで開催される総合見本市、FOIRE EUROPEENに行って来たので、その様子をご紹介します。

FOIREE EUROPEENとは

今年で86回目を迎える総合見本市です。

900以上の出展者があり、180000人もの来場者があります。各ホールごとにテーマがあり、毎年招待国が決められていましたが、今年は招待国がなかったようです。

日本が招待国だったこともあり、その時は来場者もかなり増えたようです。

実は昨年も日本、ゲーム、マンガなどを対象にしたホールが新しく設営されたのですが、広告が全くなく、誰も日本に関するホールがあると言う事を知らず、来場者が来ないという問題が起きました。

さて、今年はそんな問題もなく、通常通りの見本市だったようです。

見本市の入口

f19.jpg
f15.jpg

HALLは全部で8つあり、かなり大きなイベントです。

外でもレストランやバーが設置され、こちらは賑わっていました。

f8.jpg

本当に何でもあり、の見本市なので、こちらは家庭用窯。

最新的でこれでピザやアルザスだったらタルトフランベも焼くことができます。

f6.jpg

そして、さすが農業国?!芝刈り機なども販売されていました。

f7.jpg

HALL1イタリア

HALL1は毎年イタリアブースになっています。

イタリア製品、イタリア食材など、イタリアの物が買えるので、フランス人にも人気があり、かなりに賑わっているホールです。

f17.jpg

やはりイタリアのチーズや生ハムなども帰るのが嬉しいです。

f13.jpg

そして、なんと、豚肉の丸焼きが売っているのですが、頭も売っていました。

1つ10€。「2つで15€にするよ」と陽気なイタリア人おじさんに言われたのですが、なかなかこの頭を2つも買う勇気はありませんでした。

f12.jpg

アジア、アラブ系の外国ホール

f18.jpg

こちらのホールにはアジアのものや、モロッコのアロガンオイルや、香辛料、そしてお菓子も販売しており

アラブ系文化の好きな方には面白いセクションでした。

f10.jpg
f9.jpg

食品

奥の方に食品が集まったホールがあり、こちらも人気です。

各地方のワインが販売されていたり、こちらでも香辛料なども売っています。

f2.jpg

こちらはアルザスのチョコレート屋さん。ペン型のチョコレートが可愛いです。

f3.jpg

こうして並んでいるとチョコレートじゃないみたいです。お土産に全種買って行っても良いですね。

色ごとに味が違うので色々楽しめます。

f4.jpg

香辛料もすごいカラフルで色々買って帰りたいくらいでした。

f1.jpg

こちらは味付きのお砂糖。なんともカラフルです。

F.jpg

毎年9月のはじめに開催されているこの見本市、色んな食べ物も食べられ、見本市という名前ですが、野外のお祭りという感じです。

この時期にアルザスにいら者る方は是非訪れてみてはいかがでしょう?

開催地 

Parc des Expositions Strasbourg 最寄りトラム駅 WAKEN

日程(2018年)9月7日~17日

見本市サイト http://www.foireurop.com/

入場料金 5€~

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。